ニキビとおできの違い にきび対策まとめ

「にきび」と「おでき」は似ていますが、厳密には違いがあります。
 
原因となる菌がニキビはアクネ菌、おできはブドウ球菌なのです。
 
おできはブドウ球菌以外にも毒性のある菌でできる場合があります。
 
市販薬などを使ってもなかなか治らない場合は医師に相談しましょう。
 

ちなみにニキビと吹き出物は同じです。
 
 
私の個人的な体験として、ニキビに似ている別のものができたことがあります。
 
 
それは「イボ」です。(´Д`)
 
 
首やアゴの下あたりに無数に発生し、手の指や足の裏にもできました。
 
 
イボは皮膚にウイルスが感染して発症します。
 
ニキビよりはやや小ぶりですが、色が白くて外見はにきびに良く似ています。
 
指でつぶすと白い液体が出るところもそっくりです。(これは後からわかったのですが、イボをつぶして出てくるのはウイルスなので、感染が広がってしまいます)
 
 
にきびと違うのは、にきびが単独でできることが多いのに対し、イボは小さないくつかの粒が複数できます。
 
 
理容店でアゴのヒゲを剃ってもらうときはかなり迷惑をかけてしまいました。
 
当時は食生活が乱れていて摂取する栄養のバランスが悪く、体の免疫力が弱っていたようです。免疫力が落ちると皮膚にウイルスが感染してイボができてしまいます。
 
 
しかし私はとあるサプリメントを利用してイボを完治させることができました。
 
そのくわしい顛末は当サイト内のイボ撃退体験談を御覧下さい。
 


楽天市場のにきび対策一覧
楽天市場のおでき対策一覧

にきびを治すには これまでに聞いた対策や体験談

私は幸運にもニキビに悩まされたことはそれほどありません。
 
 
しかし私の周囲にはニキビ対策をあれこれ試した人が何人かいて、いくつか話を聞いています。
 
厳密には「対策」とは呼べないものも含まれていますが、何かの参考になればいいかと思いまとめてみました。
 
 
まず話を聞いてみて意外と多かったのが
 
年齢と共に自然と治った
 
というもの。
ちょっと拍子抜けですが、
 
小学校や中学校からニキビが出るようになった→高校から20歳ごろまでにどんどん少なくなっていった
 
といった話は複数の人から聞きました。
 
ニキビに悩んでいる人からは「もう少し他の助言を・・・」というツッコミが入りそうですが、「いつの間にか治るよ」という人は実際に多かったのです。
 
 
生活習慣については
 
「夜12時までには寝る」
「早寝早起きをする」

 
はほぼ必須になっています。
 
ニキビに悩まされるのは学生であることが多いでしょうから、生活習慣を整えるのはニキビだけでなく大事なことです。
 
 
食事については
 
「肉類は控える」
「油ものは控える」

 
というのも定番になっています。
 
「チョコレートとニキビは関係ない」と最近はよく言われているようですが、「チョコレートを控えるようにした」という人はいました。(かなり昔に聞いた話ですが)
 
 
洗顔は大事とはいえ、洗いすぎるのも良くありません。洗顔はどれだけ多くても一日二回までではないか、と私は考えています。
 
ニキビ対策として石鹸、シャンプー、リンスを無添加のものにしている人もいました。その人には確かに効果があったようです。
 
 
あとはよく知られていることとして、便秘を解消することです。
 
便秘は百害あって一利無しですので、ニキビ対策に限らず解消したいものです。
 
ただしその際、便秘薬を使うのは絶対にお勧めしません。
 
このサイトには便秘対策のページがありますので、興味があればご覧下さい。
私はこうして出してます。
 

コメントを残す