尿素入りクリームの注意点

湿度が低い冬には、乾燥による肌のかゆみが起きやすくなります。
 
この対策として尿素入りクリームが利用されています。
 
尿素入りクリームには乾燥によるかゆみを改善する作用があるのです。
 

尿素クリームに関しては、注意点があります。
 
それは
 
「尿素を多量に(20%以上)配合したクリームは皮膚の薄いところには塗ってはいけない」
 
ということです。
 
尿素は、皮膚の角質を溶かす作用があります。
 
そのため、ひじやかかとなど皮膚が厚く、角質化してザラザラになった部分だけに塗るのです。こういった特徴から、「尿素入りクリームを肌に塗ること自体が非常に危険」という主張もあります。
 
 
乾燥を防ぐためには、部屋の湿度は60%程度必要です。
 
自宅はもちろん、職場でも頻繁にのどが渇くようなら空気が乾燥していることが疑われます。
 
濡れタオルを干してみて、一晩でカラカラに乾いていたら、かなり乾燥していると判断できます。
 
 
私としては、肌の乾燥対策としてはまず「摂取するたんぱく質と脂質が不足していないか?」を見直すことが大事だと考えています。
 
特にダイエットを意識する女性は脂質を意識してカットする傾向があるので注意が必要です。
 
過剰な脂質は確かに肥満をもたらしますが、脂質をあまりにカットしすぎると皮膚表面へ脂分が供給されなくなり、肌がカサカサになってしまいます。
 
唇の荒れ防止によく利用されるリップクリームは成分のほとんどが脂質であることを考えると、肌の潤いを保つのに脂質は大事であることがわかるのではないでしょうか。
 
楽天の尿素配合クリーム一覧です
 

コメントを残す