乾燥肌を防ぐには 入浴のポイント 湯温や保湿

寒くなって空気が乾燥してくると、足や腕の皮膚がかさかさし、粉をふいたようになってかゆくなることがあります。
 
 
冬になると、こうした乾燥肌や乾皮に悩む人が増えてきます。
 
肌の乾燥を防ぐには、入浴の仕方が大事です。
 

まず第一のポイントは、熱すぎるお湯に長く入らないことです。湯温が42度以上になると肌の保湿成分が失われやすくなります。
 
また、熱い湯は角質層を傷める危険性もあります。適温は38度から40度といわれています。
 
 
長時間お湯に入って肌がふやけた状態で肌をゴシゴシこすると角質層をはがすことになり、肌はいっそう傷みやすくなります。
 
 
第二のポイントとしては洗い方があります。
 
タオルでゴシゴシ洗うのはタブーで、別にタオルやスポンジで立てた泡をなでるように塗って洗い、ぬるいお湯で流します。
 
乾燥しがちな人は、わきの下、陰部、足の裏、尻を石鹸の泡で洗うだけにして、他の部位はお湯で流すといった入浴だけでも、冬の間は肌を清潔にたもてます。
 
 
お風呂でバスタブに浸かる場合、油分などの保湿成分が入った入浴剤を入れると乾燥肌に効果的です。
 
中でも、セラミドなどの保湿成分を配合した入浴剤を使うと乾燥肌の改善を助けてくれます。
 
 
入浴後の保湿成分補給も忘れないようにしましょう。乳液などをすねや腕といった乾燥しやすいところによくすり込みます。
 
 
これを、浴室中で行うのがポイントです。浴室内の湿気を利用するわけです。
 
 
これが面倒なら、油分入りの入浴剤をキャップ3分の1ほどを洗面器に溶かし、風呂上りにかけ湯するだけでも違います。
 


コラージュ Dメディパワー 保湿入浴剤
アース製薬 保湿入浴液ウルモア クリーミーローズ

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す