肌の常在菌と乾燥肌 合成洗剤は脂肪酸の膜をはがす

皮膚には表皮ブドウ球菌など、10種類の細菌がいます。
 
これらの細菌は、皮膚の脂肪を脂肪酸の膜に変えて皮膚を守る働きをしています。
 
 
入浴して、身体を石鹸で洗うと皮膚常在菌の90%が流れますが、10%の菌が残っていると、12時間で元に戻り、再び肌を守ります。
 

しかし、一日一度でも強力な合成洗剤などで洗うと、皮膚表面に作られた脂肪酸の膜が破れ、皮膚内部の水分が蒸発し、かさかさした乾燥肌になってしまいます。
 
 
こうした理由から、肌のみならず髪・頭皮も石鹸で洗うべき、と主張する医師もいます。
 
管理人の別サイトでは、合成素材のシャンプーをやめて石鹸で髪を洗うようにしたところ、髪と頭皮のコンディションが改善したという医師の体験談を紹介しています。
 
宇津木龍一医師はシャンプーをやめたら髪が復活したそうです
 
 
合成洗剤を使う場合は特に、身体をあまりに洗いすぎるのも皮膚にダメージを与えることになるので注意しましょう。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す