紫外線について 特徴とがん増加作用 日傘をさすなら

太陽光のうち、可視光線(眼に見える光線)は虹を作る7色からなる波長400~770nmの光です。
 
波長の短い方が紫、長い方が赤です。
 
紫よりもさらに短い光線が紫外線で、赤よりも長いものが赤外線です。紫外線、赤外線は人間の目には見えません。
 

紫外線は波長100~400nmの範囲にある光線で、波長315~400のUVA、280~315のUVB、100~280のUVCの3つに分けられています。
 
UVCは地表をとりまくオゾン層に完全にさえぎられ、地表には届きません。
 
 
有害性が特に強いのはUVBで、日焼けさせる力を比べるとUVAの600~1000倍も強いと言われています。
 
UVBはオゾン層が減少すると地表に届く量が増えます。
 
オゾン層が1%減少すると、皮膚がんの一種であるメラノーマが2%増加し、06年現在年間50万人のその他皮膚がんが1.6万人増加するという報告があります。
 
白内障による失明も10~15万人増えるとされています。
 
 
日本上空のオゾン層は目立って減少していませんが、日本の紫外線量は緩やかに増加しています。
 
紫外線予報 薬用美白UVクリーム 40g
紫外線予報 薬用美白UVクリーム 40g
 
ちなみに黒い日傘は、白い日傘よりも紫外線を30%多くカットします。
 
日傘をさす時は、傘と顔をなるべく近づけることが大事です。地面などから反射した紫外線を防ぐためで、傘と顔の距離は30cm以内が理想的です。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す