南雲吉則医師が食べているもの 玄米やごぼう茶 肉や外食は食べる?

雑誌「クロワッサン」の2012年5月25日号に、南雲吉則医師の食生活についての特集がありました。
 
南雲医師といえば、あの「50歳なのに、見た目がものすごく若い医師」ですね。
 
クロワッサンの特集から、私が重要だと感じたポイントをまとめます。

クロワッサン 2012年 5/25号 [雑誌]
クロワッサン 2012年 5/25号 [雑誌]
 
「ありえないほど見た目が若い」といわれる南雲医師は、こんな方です。写真があります。
 
私の職務経歴書
第7回 医師 南雲吉則の場合
http://c.filesend.to/plans/career/body.php?od=110628.html
(大変良い記事です 全て読むようおすすめします)
 
若い!(写真当時)55歳ですよ!ちょっとヒいてしまうほど若くないですか?肌はツヤツヤ、髪はフサフサで真っ黒。
 

 
南雲医師のデータをどうぞ。
 
体重は10年以上62kgをキープ 
血管年齢は26歳 脳年齢は36歳 骨年齢は28歳 
肌にシワやシミは無し、現在56歳でも30代にしか見えない 
 
大切な人をがんから守るため、今できること 命の食事
大切な人をがんから守るため、今できること 命の食事
 
「クロワッサン」の記事のキモは、こんな感じです。
 
■「空腹でお腹が鳴る」のは、若返りのサイン
空腹でお腹がグゥ~と鳴るのは、アンチエイジングのキモであるサーチュイン遺伝子(=若返り遺伝子)が発現しているサイン。
 
サーチュイン遺伝子とは、体内の遺伝子を全てスキャンして、壊れたり傷ついた遺伝子を修復する。 
 
 
つまり、寿命を延ばすだけでなく老化や病気を食い止める働きがある。ただし、サーチュイン遺伝子は空腹時にしか活動しない。
 
 
またお腹が鳴るとグレリンというホルモンが胃から出る。 これは脳を刺激して成長ホルモンを出す働きがある。 
 
成長ホルモン(=若返りホルモン)は脂肪を燃焼させるだけなく・・・
 
筋肉をつける 
傷ついた肌や消化管の修復
美肌・美白効果 
ガンの予防

 
 
・・・といった働きもする。 
 
つまり、お腹が鳴るということは、若返り遺伝子と若返りホルモンのふたつの効果を得ているということ。
 
なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか? カリスマ外科医が教える脳と心の使い方
なぜ、一流の人は「集中力」が1日中続くのか? カリスマ外科医が教える脳と心の使い方
 
■「主食には白米でなく玄米を食べる これひとつで、完全栄養がとれる」 
・一日一食が難しければ、一汁一菜を一日三回でもOK
 
・食材は、とにかく丸ごと食べる 魚なら皮と骨も 野菜なら葉と皮も
 
 
具体的にどのようなものを南雲医師は食べているのでしょうか?記事に「一週間の食事」の表があり、南雲医師が実際に口にした食材がまとめてありました。
 
 
以下、ひたすら羅列します。
 
■朝はとにかくごぼう茶
 
■南雲式スーパーライスボール・・・玄米、シラス、桜えびなどを混ぜておにぎりにしたもの
 
■全粒粉クッキー 納豆 トマトジュース おひたし 煮野菜 
みかんを皮ごと(!) 鶏のつくね 白菜の豆乳鍋 
5~6種類のドライフルーツ ワインをボトル半分 
りんご一個を皮ごと キスの一夜干し 具だくさん味噌汁 
 
■肉はほとんど食べないが、骨付きの鶏肉は時々食べる
 
■外食で食べたもの
インド料理店で チャナ豆のサラダ ほうれん草とカッテージチーズのカレー サモサ ガーリックナン すし屋で 鯛の昆布じめ あわび 穴子
 
ごぼう茶の提唱者 南雲吉則博士が推奨するあじかんのごぼう茶 美味しさと高い抗酸化活性 国産焙煎 ごぼう茶 20包×2袋
ごぼう茶の提唱者 南雲吉則博士が推奨するあじかんのごぼう茶 美味しさと高い抗酸化活性 国産焙煎 ごぼう茶 20包×2袋
 
記事によると、南雲医師は以前はメタボ体型で、ずいぶん老けていたそうです。
 
それが今ではこの若さ。つまり、食生活次第で若返りへのリカバリーは可能だということです。
 
これは見た目だけでなく、おそらく血管年齢や骨年齢など、体内部の若返りも同様ではないでしょうか。
 
 
南雲医師の食ベ方をできる範囲で実践して、見た目に加えて体内年齢をも若くできれば言うことありません。
 
魚は圧力鍋で調理すれば、中骨まで食べられるようになります。私は魚を煮る際はほとんどこれです。
 
 
しかしさすがの私も、みかんを皮ごと食べたことありません。冬になったら挑戦してみようかな?
 
クロワッサン 2012年 5/25号 [雑誌]
クロワッサン 2012年 5/25号 [雑誌]
 
このコンテンツは雑誌「クロワッサン 2012年 5/25号」36~39ページを参考にしました。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す