身体を温める・冷やす食べ物まとめ 石原結實医師の著書「食べない」健康法より

身体を温める・冷やす食べ物 石原結實医師の著書から
 
石原結實医師の著書「『食べない』健康法」に、身体を冷やす・温める食べ物について解説がありました。
 
食材の一覧と共に引用させて頂きます。
 
「食べない」健康法 (PHP文庫)
「食べない」健康法 (PHP文庫)

 
体を冷やす食べ物(青・白・緑)
牛乳 うどん 白ワイン・ビール 緑茶 洋菓子 葉菜 南方産果物(バナナ、パイナップル、メロン、柑橘類)カレー、コーヒー、酢、マヨネーズ、肉や魚の脂身
 
 
体を温める食べ物(赤・黒・橙)
チーズ そば 赤ワイン、黒ビール、紹興酒 紅茶、番茶 和菓子 根菜、海藻 北方産果物(リンゴ、サクランボ、ブドウ、プルーン) 塩鮭 塩、味噌、醤油 赤身の肉、魚肉、魚介(エビ、カニ、イカ、タコ、貝) 色が濃く固い佃煮、漬物

(解説)
「雪の色は白く、緑の葉は、暑い夏に触っても冷たいので、青・白・緑の外観をした食物は食べると体を冷やすし、逆に、太陽、火は赤~橙色で、物を燃やすと黒くなるのだから、外観が赤、黒、橙の食物は体を温める、と覚えておくとよい」
 
「カレー、コーヒー、トマトは色が濃いが体を冷やす作用があるのは、産地がそれぞれ、インド、エチオピア、南米などの暑い熱帯だからである。色より、産地の方が「優先」するということだ。なお、冷え症の人が、体を冷やす食べ物をどうしても食べたいときは、塩を加えるか熱を加えて(調理して)食べるとよい」

食材を個別に覚えるのではなく、温める・冷やすの特徴を覚えておけば、判断基準として広く食材に適用できますね。
 
このコンテンツは「食べない」健康法145~147ページを参考にしました。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す