新藤義晴医師の著書「医者知らず『冷えとり』で完全健康人生」に、身体を温める食品について紹介されています。
 
食品名だけでなく、「身体を温める作用を持たせるためのポイント」も挙げられています。著書の98~99ページから、内容の要旨をまとめて引用させて頂きます。

・身体を温める食べ物 
海草 根野菜 ごぼう 人参 大根  山芋 里芋(この二つは特に良く、火を通すのが理想的)
 
 
・豆腐や豆類、納豆など豆類も身体を温める
 
 
・生野菜は身体を冷やすが、塩をふると温める性質に変わる
重石をしたり、日に干すとさらに良い 
 
 
・切り干し大根、切り干しサツマイモ、干しシイタケも身体を温める 
市販品は機械干しのこともあるので、調理前に日に干すと良い 
 
 
・白砂糖や精製塩は、瓶に入れたままでOKなので日光に1~2時間当てて使う
 
 
・玄米、麦、稗は身体を温める 玄米を炊くとき、圧力鍋を使うと、高温・高圧で玄米の良いところが損なわれてしまう 
 
 
・土鍋などで炊くと固いが、よくかむと良い 
玄米を洗ったら落とし蓋にして中火にかけ、沸いてきたらふきこぼれないように弱火にし、柔らかくなったら煮詰める 1時間あればOK
 
引用ここまで
 
「塩は身体を温める」「食材を日に当てると良い」というのは興味深い話です。
 
また、新藤医師は玄米を圧力鍋で炊くと良くないと書いていますね・・・。私は玄米を圧力鍋で炊くこともあります。
当サイトの玄米関連コンテンツ一覧
 
しかし、圧力鍋の付属レシピには「圧力鍋は調理時間が短いため、普通の鍋で調理するよりも栄養の損失は少ない」とあるんですよ。
 
このへんはホントのところどうなんでしょうか?調理前と後で栄養分の量の変化を調べるのはそれほど難しくないはずです。どこかの研究機関が調べてくれるとありがたいのですが。