千住真理子さん 肉を食べる 江藤俊哉さんの教え

バイオリニストの千住真理子さんは、プロデビュー当時の師匠である江藤俊哉さんから
 
「演奏家は肉を食べなければならない」
 
と教えられたそうです。
 
江藤氏は演奏会の前には、肉を300g食べるよう決めていました。
 
(このコンテンツは 2011年11月26日付 日経プラスワンを参考にしています)
 

当時の千住さんは12歳で、120gほどしか食べられませんでしたが、「いつか300g食べられるようになりたい」と思ったそうです。
 
 
肉を食べる習慣は大人になっても続いています。
 
大切な演奏会の前にはステーキなど肉料理を食べていて、300gは無理ですが、200g以上は食べるのだとか。
 
演奏家の厳しい世界で、いい音を得る力になっていると実感しています。
 
 
世界中で公演している千住さんですが、「やはり日本のコメが一番」なのだそうです。
 
最後の晩餐では、しょうゆをつけた海苔をご飯にのせて食べたいと考えています。
 
千住家の教育白書 (レビュー多数あり)
千住家の教育白書 (新潮文庫)
 
ちなみに、高嶋 ちさ子さんも大の肉好きですよね。
 
ウィキペディアには
 
・大の肉好きで野菜嫌い 焼肉が大好物で、週に8回食べていたこともある
・妊娠中も肉好きは変わらず、多量の肉を半生状態で食べていた
・人間ドックで中性脂肪が高めと判定され、以後食生活を改善した

 
といったエピソードが紹介されています。
 
演奏家は体力勝負なので、たんぱく質を必要とするのでしょうか。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す