前立腺肥大症と前立腺がんの症状やPSAについて

前立腺は人によっては加齢と共に大きくなり、前立腺肥大と呼ばれます。
 
前立腺肥大症の典型的な症状の一つに夜間の頻尿があります。これは肥大化した前立腺が膀胱を刺激するために起きます。
 
一晩に2から3回以上尿意で目覚めるようになったら要注意です。
 

また、前立腺が肥大化すると尿道を圧迫するため尿の出が悪くなります。排尿開始までに1分前後かかるようになるのも前立腺肥大の症状です。
 
 
前立腺の疾患では、前立腺がんにも注意が必要です。
 
前立腺がんの死者は、1950年には83人でしたが、約50年後の2005年現在では75倍の約6000人と、大幅に増加しているのです。
 
これは食生活の西洋化という環境因子が大きく影響していると考えられます。
 
 
前立腺がんの自覚症状は前立腺肥大と同じで頻尿や腰の痛みなどで、自覚症状が出るころにはかなり進行しているといわれています。
 
発生率が高いのは60歳以上ですが、がんの発症リスクは50歳代になると高くなります。
 
 
前立腺肥大症になると前立腺がんにはならないという俗説は全くの誤りです。
 
肥大症が発生するのは尿道の周り、がんは主に前立腺の外側の部分と、発生の部位が異なるので片方にかかれば片方にはかからないということはありえません。
 
 
前立腺がんの早期発見に役立つのがPSAという腫瘍マーカーの検査です。
 
PSAは、前立腺がんの進行に伴って血液中に出る特異なたんぱく質で、この数値が高いほどがんの確率が高くなります。
 
 
50歳から64歳までのPSAの基準値は4.0ナノグラム/mlとされています。40代後半から50歳を過ぎたら定期的な検査を受けましょう。
 


これで安心!前立腺がん・前立腺肥大症~自分に合った治療法を選ぶ
自宅で簡単チェック!前立腺がん検診キット!これで安心!病院へ行く前にまずは自分で!簡単便利!

コメントを残す