ビタミンKの効果や特徴 含まれている食品のまとめ

このコンテンツではビタミンKについてまとめます。
 
ビタミンの中ではかなり地味な印象がありますが、血液のコンディションに関わる大事な栄養素です。
 
納豆に含まれているとして有名ではないでしょうか。
 

ビタミンK
・特徴
脂溶性 熱、空気には強いがアルカリには弱い 骨の形成や血液の凝固因子に大きく関わっている 
 
食事からの摂取のほか、腸内細菌からも供給されるため、欠乏は少ない ただし、腸内細菌の少ない乳幼児は欠乏するおそれがあるので、授乳中の女性は不足に注意する 欠乏すると血が止まりにくくなって歯ぐきから出血したり、骨がもろくなって骨粗鬆症を引き起こす。
 
 
・作用する場所と効果
血液・・・血液を固まらせる作用を活性化し、出血を止める
 
骨・・・血液中にカルシウム量が少なくなった時、ビタミンDが骨からのカルシウム供給を促すのに対して、ビタミンKは骨からカルシウムが出ていくのを抑制する働きがある。
 
 
・ビタミンKを多く含む食品
納豆など豆類 緑葉野菜 抹茶葉 植物油 ワカメやひじきなど海藻類
 
ビタミンK 30日分(レビューあり)
ビタミンK 30日分 [ヘルスケア&ケア用品]
 
こうしてみると納豆って、血液の凝固を助けるビタミンKと、血液の固まりを溶かすナットウキナーゼの両方を含んでるんですね。
 
体内のバランスを保つ意味でも、納豆は非常に優れている食品と言えそうです。
 

コメントを残す