浴槽入浴のメリット お肌への良い効果

最近は入浴をシャワーで済ませる人が増えているそうです。
 
シャワーで済ませても肌の清潔は保てますが、浴槽入浴はシャワーに無い効果があります。
 
 
お湯につかると体が温まるだけでなく、肌にも良い作用を及ぼし、しかもその効果はシャワーとは有意な差があるそうです。
 
この記事はこちらを参考にして作成しました。
東京ガスプレスリリース入浴による肌への効果~キレイな肌は浴槽入浴から~

浴槽入浴とシャワー入浴の比較 肌への影響

東京ガスの都市生活研究所が、20~30代の男女48人を対象に実験を行いました。
 
48人は全員が日頃シャワーを使っています。
 
 
実験では半数が一日一回の浴槽入浴に切り替え、半数はそのままシャワー入浴を続けました。
 
 
被験者はスタート時と2週間後に肌水分量や皮脂量、キメやシワなどを測定しました。
 
その結果、浴槽入浴に切り替えた女性は、「目尻と頬の水分量」「下腿(膝から足首の部分)の肌弾力」「頬のキメ係数」といった項目が改善していたのです。
 
 
また、美容の専門家が視診・触診を行ったところ、「肌のくすみ つや 滑らかさ 潤い感」などが良好になり、画像分析では「キメ 剥離角質細胞」の改善傾向が確認できたそうです。
 
 
浴槽入浴は男性にもメリットがあります。「頬の肌柔軟性」「目尻のシワ係数」で改善が見られ、専門家は「ギラつき ニキビ・吹き出物 滑らかさ 潤い感」などが良好になったとしています。
 
今回の実験では、被験者各自のスキンケア方法は変えず、シャワー入浴を浴槽入浴に変えただけです。
 
 
入浴で体が温まると皮膚血流が増加するため、皮膚への栄養や酸素の供給老廃物の排出が促進され新陳代謝や皮脂分泌が活発になります。
 
その結果、肌質が改善するわけです。
 
 
長時間入浴を習慣にしているモデルさんや女優さんはたくさんいます。
 
肌への効果を考えれば、気温の低い季節はもちろん、夏でも浴槽入浴が良いのではないでしょうか。
 


お風呂の達人 バスクリン社員が教える究極の入浴術
バスキング 炭酸ガスの薬用入浴剤 和みアソート(ひのき・ゆず茶・可憐な桃花・みかん)

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す