脳波・アルファ波を出すお茶 脳を若返らせるシータ波を出すには?

お茶を飲むと脳にアルファ波が発生します。
 
お茶に含まれるテアニンという物質を摂取すると、アルファ波が脳の広い範囲で発生し、リラックス効果をもたらしてくれます。
 
ただの水を飲んだ人と、テアニンの入った水を飲んだ人では後者の脳波にアルファ波が検出された、という実験結果もあります。テアニンの濃度が高いほどアルファ波が強く現れました。

またテアニンは脳内の神経伝達物質ドーパミンを増やす働きがあるとも言われています。ドーパミンは快感ホルモンとも呼ばれ、楽しいことをしているときに多く分泌されます。
 
このホルモンが分泌されると心に余裕が生まれ、精神が穏やかになります。お茶は人をリラックスさせてくれるのです。
 
 
お茶は栄養的にも優れていて、ビタミンCは最高でミカンの7倍含んでいます。また抗酸化作用はビタミンEの20倍あり、強力な老化防止効果が期待できます。
 
お茶でもうひとつ忘れてならないのは強力な殺菌作用です。
 
お茶に含まれているカテキンは殺菌力が非常に強く、黄色ブドウ球菌、サルモネラ、カンピロバクター、O-157など主な食中毒の原因菌に有効なのです。
 
ちなみにお茶は、発酵度の違いで緑茶や紅茶など種類が変わることはよく知られています。
 
漢方では、「発酵が進んで色が赤くなると、身体を温める温性が強くなる」と考えるそうです。紅茶やプーアール茶など発酵度の高いお茶は身体を温めてくれるのです。
 
ちなみにジャスミンやハマナスなどの花茶は、色が濃いほど温性が強くなります。
 

 
東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕ニ講師によると、脳波のひとつシータ波には、海馬の神経回路を柔軟にし、脳の感受性を高い状態に保つ働きがあるそうです。
 
 
シータ波は「浅い睡眠状態」「瞑想中」「強く集中している時」に出ることが知られています。
 

 
このシータ波について、アメリカ・マイアミ大学のペリー博士がウサギを使った実験を行っています。
 
年をとったウサギでもシータ波が出ているときだけ学習させると、若いウサギと学習能力にほとんど差が無かったのです。
 
 
それでは、学習能力を若いころと同様に高めてくれるシータ波は、どうすれば出るのでしょうか?
 
最大のポイントは「知的好奇心や探究心を常に持ち続けること」です。シータ波は初めての場所に行ったり、新しいことに挑戦したときに発生するのです。
 
逆に最大の障害となるのは「マンネリ」です。「もうトシだし、今さらそんなことはしたくない」という考え方では、学習能力は低下していく一方です。
シータ波に関する本はこちらにまとめています
 
シータ波を出す心構えの例を○×で並べてみます。

・初めての場所へ行く、人に会う○
・「どうせ~だから」という冷めた考え×
・休日は家でゴロゴロ×
・「それでそれで?次はどうなるの?」という積極性○

「おっくうだから…」というのが最大の敵です。
 

コメントを残す