管理人が飲んでいるサプリメント

私はこんなサプリメントを飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

アラキドン酸 特徴や脳や神経への効果 多く含む食品

アラキドン酸は、よく知られているDHAやEPAなどと同じく必須脂肪酸です。
 
DHAが「脳に良い」と言われるように、アラキドン酸も記憶、学習、認知応答など脳の機能に良い効果をもたらすとされています。
 
アラキドン酸は体内に広く存在し、中でも脳の海馬に特に多いのがわかっています。
 

海馬は記憶を司る場所です。
 
いわゆる「物忘れ」も、海馬の機能が老化により衰えるからと考えられています。
 
 
つまり体内のアラキドン酸が十分だと「物忘れ」を抑制できる可能性があるのです。
 
高齢で痴呆症状が見られる犬にDHAとアラキドン酸を投与したところ、痴呆症状が2週間目から改善し始め、6週間後には有意な改善効果が確認できた、という実験結果があります。
 
 
体内のアラキドン酸は年齢と共に少しずつ減少していきますが、体内ではほとんど生産されません。そのため食事などから補給する必要があります。
 
DHAが魚類に多いのに対して、アラキドン酸は肉類に多く含まれています。
 
 
アラキドン酸含有量の多い食品(100gあたり)としては
 
・豚レバー 300mg
・牛レバー 170mg
・鶏卵(全卵生) 150mg
・皮付き鶏もも 78mg

 
といったものがあります。
 
アラキドン酸の一日あたり摂取量目安は240mgです。
 
いまはアラキドン酸のサプリメントも多数発売されています。
 
 
ちなみに欧米では、粉ミルクにアラキドン酸を配合するよう推奨されています。
 
アラキドン酸は、母乳にも含まれていて、胎児や乳児の神経・精神発育や、記憶・学習能力に影響を与えるとされています。
 
粉ミルクにアラキドン酸を加えることで子供の神経・脳の発育を促す狙いがあるのです。
 
欧米を中心に多くの国で、粉ミルクにアラキドン酸を配合する有効性が認識されています。
 
楽天のアラキドン酸サプリメントなど一覧です
 

コメントを残す