女優の秋本奈緒美さんは一日に2リットルほど水を飲むようにしているそうです。
 
その時のポイントは「常温で飲む」ことで、「常温でないと体に入っていかない気がする」のだとか。
 
 
「水をたくさん飲む」って、どうなんでしょう?
 

この記事を作成している時点(2008年1月)では、「飲んだほうが良い」とする意見の方がとりあえず多いようですが、「それほど飲まなくても良い」という記事もチラホラ目にします。
 
 
しかし「水なんて飲むもんじゃない!」などと積極的に否定する主張は、最近は全くと言っていいほど目にしません。
 
当サイトでいくつも紹介している有名人の健康関連話でも、「たくさん飲むようにしている」人がほとんどです。
 
特に女優さんやモデルといった職業の人は間違いなく飲むことを意識しています。
 
 
こういったことを考えていると、やっぱり「ある程度は飲む」のが正解なのかな?という気がしてきます。
 
ムリに飲む必要は無いでしょうが、今のところ私は、2リットルくらいは飲んでも良いと考えています。
 
そのときは、私も秋本さんのように常温の水を飲みます。
 
 
夏場はどうしても冷たい水を飲みたくなりますが、冷水を連続で飲むと私はお腹を壊すか、やる気を無くしてしまうのでほどほどにしています。(全く飲まないというわけではありません)