子供がスポーツを始める年齢と種目 フィギュアスケート 水泳 サッカー スキー SPORT BILDより

「トレーニングジャーナル」の 2011年6月号に、スポーツ開発研究所代表の川口征夫さんの「どんなスポーツをいつから?」という特集がありました。
 
子供が運動を始めるのに、何歳から、どのスポーツを行うと良いのかを検証した記事です。
 


 
川口さんは、子供がスポーツを行う際、次のような前提および注意点を挙げています。

・5~10歳までの年齢では、男女の体力・体格に違いはない ドイツのサッカーチームでも、男子・女子が一緒にトレーニングし、試合に出場している
 
・精神面の負荷を抑えるため、競技会や試合に出場するのは8歳以上にするべき
 
・両親の希望を子供に過剰に託したり、子供への要求を必要以上に強くすると、ストレスにより子供が意気消沈し、やる気を失う
 
・女子の場合は食欲欠如症になる場合もある

また記事には、ドイツのスポーツ専門誌「SPORT BILD」の特集を参考にして、子供が各種スポーツを始めるのに適した年齢、適性やリスクが表にまとめられています。
 
その内容を紹介します。
 
(野球について言及されていないのは、ドイツでは野球がそれほど盛んではないからと考えられます)
 
 
フィギュアスケート
■年齢の目安 5歳
 
■必要条件
・リズミカルな身体感覚と調整力
・体重が軽いこと
 
■リスク
・通常体温以下になる
・腎臓への悪影響(感染)
・股関節、膝関節のケガ
・高度な競技力が求められることからの不安による挫折
 
 
水泳
■年齢の目安 7歳
 
■必要条件
・泳ぐ姿勢(身体の中心に重心が維持できるか)
・手足が長いこと
・やせ型タイプ
 
■リスク
・水虫の発症
・皮膚のアレルギー
・通常体温以下になる
・膝関節の故障(平泳ぎの場合)
 
 
サッカー
■年齢の目安 6歳
 
■必要条件
・走ることが際立っていることとコンディション
 
■リスク
・打ち身
・出血、内出血とすねの打撲
 
 
スキー
■年齢の目安 4歳
 
■必要条件
・身体の調整力
・ギムナスティック、動きを通して、スキーに必要な筋群の構築
・持久力
 
■リスク
・落下によるケガ
・腕と脚の骨折
・十字靱帯損傷
・ケガ、故障によって大きな成果が期待できない
 
※関連コンテンツと参考サイト
子供の才能と適正(勉強・スポーツ)を調べるGIQ遺伝子検査 購入前の参考に
バドミントン奈良岡監督 空振りする子供には何と指導する?
スポーツ上達情報集積サイト
サッカー日本代表・本田圭佑選手が実践していた「本田ノート」の書き方
 


スポーツの指導・練習上達のためのDVD・書籍をスポーツ別にまとめています。
 
陸上競技・子供の足を速くする 野球 サッカー フィギュアスケート スキー 水泳 体操・新体操 バスケットボール ハンドボール バドミントン バレーボール ソフトボール ラグビー ゴルフ 卓球 剣道 柔道 弓道 創作ダンス エアロビクス
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す