管理人が飲んでいるサプリメント

私はこんなサプリメントを飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

筋肉(トレーニング)と神経の関連 佐々木健介さんのエピソードも

今や筋トレは男性だけでなく、女性が行うことも当たり前になくなりました。
 
若い人だけでなく、健康・運動機能を維持する目的で高齢者が実践することもあります。
 
 
しかし、「筋トレを始めてもなかなか成果が出ない(筋肉がつかない)」という不満から、トレーニングを途中でやめてしまうといった話も少なからず聞きます。
 

筋肉トレーニングを始めても、いきなり筋肉がつくわけではありません。
 
まず最初に形成されるのは神経なのです。
 
 
「筋トレを始める」ということは、それまであまり使っていなかった筋肉を意識して使う(動かす)ことです。
 
使うための意識を伝達するためには、可動部に神経が通っていなければなりません。
 
ホディビルダーが胸の筋肉などをピクピクできるのも、「動かそう」という意識を伝達できる神経が通っているからです。
 
 
それまであまり使っていなかった部分に筋トレで重めの負荷をかけたりすると、身体が「何事だ?これだけ仕事量が増えるならもっと神経を作らないと対応できないぞ」と反応します。
 
 
トレーニング当初に「あまり筋肉に利いている実感が無いなぁ」と感じるのも、神経が未発達なので「感じられない」のが当然なのです。
 
 
対応する神経が作られ、筋肉が発達し始めるのはトレーニング開始から早くとも3ヶ月くらいのようです。最低でもそれくらいは続けないと筋肉が発達する結果は確認できません。
 
効く筋トレ・効かない筋トレ―体脂肪を落とす・締まったカラダをつくる (レビューあり)
効く筋トレ・効かない筋トレ―体脂肪を落とす・締まったカラダをつくる (PHPビジュアル実用BOOKS)
 
神経と筋肉が密接に関連している例の一つとして、プロレスラーの佐々木健介さんのヘルニアのケースがあります。
 
佐々木さんは08年の12月に頚椎ヘルニアのレーザー手術を受けました。それまでずっと痛みに悩まされていたのです。
 
手術によりヘルニアからは解放されましたが、長期間に渡って神経が圧迫されていたことにより、左腕の筋力が低下していたそうです。
 
左腕の上腕二頭筋の太さが右腕の7割程度まで落ちていました。
 
 
神経の機能が阻害されると、筋肉の発達にも悪影響が出るという良い例ではないでしょうか。
 

コメントを残す