湿潤療法の特徴とやり方 使えないケースは

「湿潤療法」(モイストヒーリング)とは、切り傷や擦り傷などの表面を乾かさないように(かさぶたを作らないように)して、滲出液の治癒効果を最大限に発揮させる治療法です。
 
傷の治りが早く、傷跡も滑らかになるため、従来の「乾燥させる」治療よりも行われる機会が増えています。
 

具体的なやりかたとしては、まず傷口から激しく出血している場合は圧迫するなどして止血します。
 
その後、傷口やその周辺の泥などを水道水で落とし、水気を軽くふき取ったら傷口がぬれた状態のまま、台所にあるラップをあてます。
 
痛みが激しいときはラップにワセリンをぬってからあてましょう。
 
 
その後ラップを絆創膏などで固定し、暑いときはあせもができないよう、傷口周辺を洗いながらラップを一日二回以上取り替えます。
 
この湿潤治療により、かさぶたを作ることなく傷を治します。
 
プラスモイストP3(レビュー多数あり)
プラスモイストP3
 
ポイントは「乾かさない」「消毒しない」「水道水でよく洗う」の三つです。
 
「消毒せず、乾燥もさせず」が大事なのは、傷口を治癒させようと頑張っている細胞を殺さないためです。傷口を乾燥させると再生組織が死んでしまうのです。
 
消毒をしないと不安を感じるむきもありますが、皮膚組織は細菌に対する抵抗力が強く、消毒を施さなくても感染症を引き起こすリスクは非常に低いそうです。
 
患部をよく洗うのは壊死組織や異物を取り除くことで感染症を防ぎ、組織の再生を促すためです。
 
 
ただし、湿潤療法が適さない場合もあります。

・動物にかまれた傷
・深い傷、ギザギザの傷、化膿した傷
・傷の異物が取れない時

などです。
 
迷ったときは医療機関で相談しましょう。
 
楽天市場のキズパワーパット(湿潤療法を利用した絆創膏)一覧
 

コメントを残す