管理人が飲んでいるサプリメント

私はスピルリナ・アミノ酸を飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

ゾーンダイエットとは 食べる食品や食べ方の注意点

ゾーンダイエットは炭水化物、たんぱく質、脂質を4:3:3の割合で摂取するよう心がけるダイエット法です。
 
この割合をキープできていれば、ある程度量を食べても良いとされています。
 
「低カロリーの食事を続けたからといって痩せるわけではない。この割合を守ればカロリーを気にすることなく食べてOK」
 
という考えに基づいています。
 

厚生労働省の調査によると、現代日本人の炭水化物とたんぱく質の摂取割合は4:1なんだそうです。たんぱく質がちょっと不足気味です。
 
 
ゾーンダイエットの考え方のひとつに「食事中の炭水化物・たんぱく質・脂質のバランスが悪いと空腹感を感じるのも早い」というのがあります。
 
これは私も時々感じることがあって、私の場合炭水化物が突出して多くなることがあります。
 
ご飯など炭水化物が多いと、食事の量をたくさんとっても空腹になるのが意外と早いんですよ。あっという間に消化されてしまうようで。
 
具体的なメニューとしてはチャーハンとか、カレーなどです。
 
一品あたりのボリュームはけっこうありますけど、これらは食べてもすぐにお腹が減るような気がするのは私だけ?(単に食い意地が張ってるのかな・・・)
 
 
「カロリーを気にせず食べても良い」というのはどうかな、と思いますが、「ゾーンダイエット」はひとつの参考になる考え方ではないでしょうか。
 
楽天のゾーンダイエット関連書籍など
 

ゾーンダイエット 効果や食べるもの

2010年11月8日の東京スポーツ新聞にかなり詳しいゾーンダイエットの特集がありました。
 
内容を要約して紹介します。
 
 
ゾーンダイエットは、
 
マドンナ ブラッド・ピット ジャネット・ジャクソン ジェニファー・ロペス ビル・クリントン元大統領
 
など、多くの世界的セレブに実践されています。
 
 
もっとも大きなポイントは、炭水化物、たんぱく質、脂質を4:3:3(カロリー比率)で摂取し、体内のホルモンバランスを最適化することです。
 
 
脂肪を燃焼しやすい体になるため、カロリー摂取量は制限しなくてもOKなのだそうです。およそ1か月で効果が表れ、がんや生活習慣病を予防する効果も期待できます。
 
 
ゾーンダイエットの開発者、バリー・シアーズ博士はこうしたメリットを挙げています。
 
「脂肪をより早く燃焼させ、空腹感からも解放されます。細胞の炎症も鎮めてくれます」
 
 
4・3・3で太らない レストラン「Zone」の美食レシピ
4・3・3で太らない レストラン「Zone」の美食レシピ
 
食べる食品や注意点は以下のとおりです。

・たんぱく質は、低脂肪の魚または鶏肉を適度な量(手のひらサイズが基本)その他には脂身なしの牛肉や豚肉、皮無しの鶏モモ肉、青魚、大豆食品
 
 
・炭水化物は野菜や果物をメインにし、色がカラフルなものだけ ご飯、パン、麺類は添える程度に
 
 
・脂質はオメガ6系脂肪酸(植物油、大豆油、コーン油などに含まれる)は避け、不飽和脂肪酸やオメガ3系多価不飽和脂肪酸を含む食材(オリーブオイル、ナッツ、アボカドなど)を食べる

元フィギュアスケーターの渡辺絵美さんはゾーンダイエットで10kgの減量に成功したそうです。
 
厳密な比率計算は難しいですが、「だいたいこれぐらい」程度でも意識してみてはいかがでしょうか。
 

コメントを残す