食べ物の加工度と栄養バランス

食べ物は加工度が高くなるほど栄養バランスが悪化する傾向があります。
 
たとえばソーセージは、加工前の豚肉に比べ脂肪は2.5倍、ナトリウムは13倍になる一方、ビタミンB1は三分の一になってしまいます。
 

加工食品には一次加工食品から三次加工食品まであります。
 
一次加工食品とは、農産物・畜産物を原料として、その食品的性格を著しく変更させることなく、物理的あるいは微生物的な処理・加工を行った食品です。
 
具体的な食品としては、原糖、缶・瓶詰果汁、植物油、などがあります。精米、精麦、漬物、酒類、味噌、醤油も一次加工食品です。
 
 
一次加工食品を1種あるいは2種以上を使用して作った食品が二次加工食品です。
 
二次加工食品にはマーガリン、ショートニング、マヨネーズ、ソースなどがあります。製パン、精糖、製麺、糖化糖も二次加工食品です。
 
 
一次あるいは二次加工食品を二種類以上組み合わせて加工した食品を三次加工食品といいます。三次加工食品は嗜好飲料や菓子類が多くなります。
 
加工食品の危険度調べました (レビュー多数あり)
加工食品の危険度調べました (三才ムック vol.546)
 
数次加工食品というものもあり、冷凍食品、レトルト食品、調理済み・半調理済み食品、包装食品などが数次加工食品です。
 
 
上のソーセージのようなケースの他に、食品は加工度が上がる程産地などがわかりにくくなります。
 
私は加工度の低い、国内産のものを購入するように心がけています。
 

コメントを残す