脳卒中と脳梗塞 脳出血 くも膜下出血 発症した時の対処

脳卒中、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、以上の言葉の関係をまとめてみます。
 
あとの三つ、つまり脳梗塞、脳出血、くも膜下出血をまとめて脳卒中といいます。
 

脳卒中で倒れた場合、周りの人は患者の意識、呼吸の有無を確認し、麻痺があるなら麻痺している側の身体を上にして横向きに患者を寝かせてください。
 
患者の衣服はゆるめておきましょう。
 
頭から足までの全身を水平にして(頭を高くしない)、頭はできるだけ動かさないようにします。
 
頭を高くしてしまうと首が曲がり、舌が落ち込んで呼吸が妨げられる恐れがあります。
 
吐しゃ物の有無も確認して早急に救急車を呼び、電話口での救急隊員の指示を仰ぎましょう。
 
脳卒中で倒れた場合、どれだけ早く病院で処置を受けられるかが生存率や病後の体調に直接関ってきます。
 
 
脳卒中は早朝に多く発症しており、寒い日は特に注意が必要です。朝起きたら水分を十分補給するようにしましょう。
 
枕元に水入りのペットボトルやポットなどを置き、水分を用意しておくのも良いでしょう。
 
寒くなると補給する水分量が減りがちになります。水分補給をこまめにするよう心がけましょう。
 
脳卒中をやっつけろ!(レビューあり)
脳卒中をやっつけろ!
 
脳卒中は生活習慣を改善することで予防できます。
 
塩分を控えた和食中心の食事を摂り、適度な運動を習慣にしましょう。タバコはやめ、いくつか趣味を持ち、ストレスがたまったら趣味で解消できれば理想的です。
 

脳の出血や動脈瘤 永廣信治医師の講演資料から

少し前に、熊本で開催された「脳の健康フォーラム」に出席しました。
 
フォーラムでは、徳島大学脳神経外科の永廣信治医師が講演されています。そこで配布された資料の中から、目をひいたところをまとめます。
 
 
脳の血管が破れて出血する病気には脳出血とくも膜下出血があり、この二つは症状が微妙に違うようです。
 
脳出血は脳内部の深いところで出血したものを指し、出血した箇所とは反対側の手足のマヒやしびれ、言語障害、意識障害などが起きます。
 
 
くも膜下出血では脳表面のくも膜直下に出血が広がります。ほとんどは、脳動脈にできたコブ(脳動脈瘤)が破裂することで発症します。突然頭痛が起き、おう吐を伴うのが特徴です。
 
頭の痛みは非常に強い場合と、比較的軽い場合があります。症状がひどいと意識を失うこともあります。
 
出血量が多いと脳圧が上昇して死亡することもあるので一刻も早い処置が必要です。出血した人のおよそ半分が死亡するか、寝たきりや半身まひ、認知障害などの重い後遺症を残します。
 
髄膜腫手術のすべて―手技の工夫と要点が動画ですばやく理解できる
髄膜腫手術のすべて―手技の工夫と要点が動画ですばやく理解できる
 
日本では年間4~5万人が脳出血やくも膜下出血で死亡しています。
 
脳動脈瘤がどうしてできるのかはまだわかっていないそうです。
 
永廣医師の研究室では、脳動脈瘤が更年期の女性に多いことに着目し、脳動脈瘤動物モデルを開発されています。
 

コメントを残す