管理人が飲んでいるサプリメント

私はこんなサプリメントを飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

認知症薬 レミニール メマリー 簡単にまとめ

2011年7月4日の九州スポーツ新聞に、認知症薬の特集がありました。
 
医療ライター・倉西隆男さんの記事で、最近日本で発売された「レミニール」と「メマリー」の概要が紹介されています。
 
記事を参考に、このふたつの薬について簡単にまとめてみます。
 

これらの薬は、認知症薬としてすでに有名な「アリセプト」と少し違いがあるようです。

◆レミニール
アルツハイマー型認知症は、脳内の神経伝達物質であるアセチルコリンの不足などから認知機能の低下が生じる。
 
レミニールは、「ガランタミン」という成分により、アセチルコリンの働きを改善する効果がある。アセチルコリン以外の物質にも働きかけて治療効果を高める。
 
アリセプトと同様の作用を持っているだけでなく、アリセプトに見られる吐く、下痢といった副作用は軽減されている。症状が軽度および中程度の患者が対象。
 
 
◆メマリー
2002年から欧州で使われており、アリセプトやレミニールと違って体内のカルシウムに作用するのが大きな特徴。
 
神経細胞にカルシウムが流れ込むのを抑制する作用がある。カルシウムは細胞分裂に必要な栄養素だが、過剰になると細胞を死に至らすため、カルシウムを抑制すると症状の改善が期待できる。
 
シナプスに発生するノイズを抑えて記憶信号を伝えやすくする。
 
症状が中程度から高度の患者が対象。

アリセプトとメマリーなど、作用の異なる薬を組み合わせて使用し、相乗効果で治療するケースも増えているそうです。
 


完全図解 新しい認知症ケア 医療編 (介護ライブラリー)

コメントを残す