サプリメントを水道水で飲んではいけない?

サプリメントを水道水で飲んではいけない、という説があります。
 
水道水に含まれる塩素がビタミンを破壊するから、というのが理由です。
 
水を沸騰させて塩素を飛ばした水か、浄水器を通した水、あるいはミネラルウォーターでの服用を勧めてあります。
 

水道水中の塩素は浄化や殺菌のために使用されていますが、この塩素が水中の有機物と反応するとトリハロメタンという物質が発生します。
 
トリハロメタンは発がん性物質とされています。
 
 
しかし過度に心配する必要はないようで、熊本県立大学の篠原亮太教授によると水道水に含まれるトリハロメタンは非常に微量で、
 
「水道水1リットルを毎日飲み続けた時の発ガンの危険性は、ワイン1杯を毎日飲み続ける場合よりもはるかに低い」
 
そうです。
 
 
水道水の残留塩素が気になる場合に「水道水を沸騰させると良い」というのは上記のようにおなじみになっています。
 
具体的には、
 
やかんでお湯を沸かし、ふたを開けたまま5分間沸騰させると塩素を飛ばすことができ、10分間沸騰させるとトリハロメタンも蒸発してしまう。
 
といったやり方があります。
 
塩素を飛ばすだけであればふたをしていない容器類に水を一晩くみ置きしておけばOKです。
 
ただ、5分から10分間もお湯を沸騰させたままにしておくのはガスがもったいない、あるいは夏場には熱すぎてすぐに飲めない、という場合は浄水器を利用すると良いでしょう。
 
その際にはどういった物質を除去する機能があるのかを確認して購入しましょう。
 

コメントを残す