(トシをとって)深い睡眠のための一番のポイントとは?玄米を助けに

私は健康トピックの中でも「いかに良い睡眠をとるか」についてはアンテナを常に張っています。
 
そんな私も完全無欠のオッサンになり、体力や代謝機能などに関る身体の変化を時々実感するようになりました。
 
時々トシを感じながら過ごしていると、オッサン向けの、良い睡眠をとるポイントらしきものが見えてきます。
 

それは
 
「何よりも、寝る前の食事や飲酒を控える」
 
ことです。
 
寝る前になって胃に何か入れると、眠りの質が落ちるのです。30代後半になってこれをかなり強力に感じております。
 
 
言い換えると
 
「消化や分解を必要とするものを寝る前に摂取すると眠りが浅くなる」
 
ということになります。
 
見た目では睡眠していても、内臓は活動しなくてはならないので休息をとれないのです。
 
個人的には「寝る3時間前からの飲食は控える(適度な水分補給などは別)」のが理想と考えています。
 
 
このトシになって私が上のように実感するようになったのは、やはり身体の代謝機能が落ちてきたからでしょう。
 
 
ある程度の年齢に達すると、「最近は酒が残るようになった」と感じることはありませんか?これはつまり、アルコールの代謝に時間がかかるようになったことを意味しています。
 
 
同様に、「年をとると油っこいものを食べなくなる」のは、食物の消化・代謝能力が弱り、胃腸に負担がかかる油物に拒否反応が出ているのではないでしょうか。。
 
 
ということは、ある程度トシを重ねてくると「寝る前に飲み食いしない」ことの重要度は上がってくるはずです。
 
これから寝るという時に、負担のかかることを体に強いるわけですからね。
 
 
私の場合、寝る前に(空腹感に負けて・・・)缶ビールと軽食をとると、翌朝起きる時てきめんにまぶたが重く感じます。
 
「睡眠時間はまぁまぁあるのに、どうも寝起きがスッキリしないなぁ」という場合、寝る前の飲食を意識して控えてみてはいかがでしょうか?
 

快眠のポイント 玄米を食べるようになって

「空腹で眠ると、内臓も十分休息させられる」とはいっても、寝る前にお腹が空いてどうしようもない、ということもあるはずです。
 
私もしょっちゅうあります。(´Д`)
 
 
そんな方に、「これは助けになるんじゃないか」というものがあります。
 
 
それは玄米食です。
 
 
これまでに何度か書いてますけど、玄米を食べるようになってから間食が明らかに減りました。
 
加えて、夜寝る前に食べなくなったのです。お腹は減っているのですが、食べたいと思いません。不思議と言えば不思議な感覚ですね。
 
「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (レビューあり)
「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)
 
悪いクセだった「寝る前なのにインスタントラーメンやビールをガッツリ口にする」なんてことも無くなってます。
 
そうした日々が続くと、お腹周りの脂肪も薄くなってきます。
 
 
加えて、玄米はビタミンBが豊富なので、疲労回復を助けてくれます。
 
 
空腹状態で眠りが深くなる上に、疲労回復も促進され、目覚めのスッキリ感もグッとアップし、さらにはウエストも搾れると、玄米食はいいことだらけなのです。
 
 
「いまいちグッスリ眠れないんだよな~」と感じるなら、一日一食だけでも玄米食にしてみてはいかがでしょうか?
 
寝る前に食べることが少なくなり、快眠の助けになるはずです。
 

コメントを残す