不妊症治療の効果と年齢の関係 基礎体温の計り方 不妊の定義も

私の前の職場での話です。
 
一緒に働いていたおばさんが「長男夫婦は結婚して2年になるのに子供ができない」とよく言っていました。
 
 
親戚や相手方の親さんなどと会うと(なんとなく)「子供は?」といった雰囲気になるようで、本人達も少なからずあせりがあるようです。私などは「本人達にまかせてほっとけば」と思うのですが。

 
「女性の不妊治療は43歳までは有効だが、44歳以上では妊娠率が急激に下がる」という調査結果を、米ハーバード大学の研究チームが05年に発表しました。
 
 
同大学の調査では99年から02年まで、40~48歳の女性1263人、計2705回の体外受精の妊娠率を調べました。40歳の妊娠率は13.9%で以後年齢と共に下がり、43歳では7.6%になります。
 
これが44歳になったとたん2.6%に急減し、46歳以上では妊娠例がなかったということです。
 
 
不妊症と診断されるのは日本では「性生活があるにもかかわらず2年以上妊娠しない場合」と定義されています。アメリカの不妊学会では「1年以上」になっているようです。
 
(超高評価です!)テルモ 電子体温計 WOMAN℃(ウーマンドシー)【女性体温計(口中用) / 平均20秒】スタンダードタイプ
テルモ 電子体温計 WOMAN℃(ウーマンドシー) 【女性体温計(口中用) / 平均20秒・バックライト搭載】 スタンダードタイプ
 
もし「不妊症かも」と思った場合、女性は産婦人科に行く前の最低2ヶ月間ほど(かなり長いですよね)基礎体温を記録しておくと診断が非常に早く、かつ正確になります。
 
 
基礎体温は朝、目が覚めたらすぐに布団の中で寝た状態で、毎日同じ時間に婦人体温計を舌下にいれて計りましょう。 対して、男性側は特に準備することはありません。
 
 
夫婦10組に1組は不妊症を経験するそうです。不妊症を訴えるカップルは増えていますが、それが直接少子化とはつながらないようです。
 


原因、検査、治療からこころのサポートまで 最新 不妊治療がよくわかる本

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す