市原悦子さんはプロポリスでノドを保護

女優の市原悦子さんは、以前舞台が続いた時、声が出なくなったことがあります。
 
それ以来のどをとても大切にしています。
 
プロポリスを薄めたものをうがい薬として持ち歩いており、カゼ予防で飲むこともあります。
 

「マンネリはすごく体に悪い」と考えていて、身の回りはシンプルに、を心がけています。
 
「物をいっぱい持っていると新しいものが入る余裕がないから」とのこと。
 
 
私の年代では、市原さんといえば「日本昔ばなし」です。
 
世間では市原さんはドラマのイメージが強いようですが(というか、もともと市原さんは演技が本職ですよね)、個人的には「昔ばなし」での声優としての市原さんが印象に残っています。
 
プロポリスのどピタ 30ml(レビューあり)
プロポリスのどピタ 30ml
 
ちなみにプロポリスは抗菌・抗ウイルス作用をもっています。もともとプロポリスはミツバチの巣を微生物から守る役割がありました。
 
「天然の抗生物質」という別名があり、古代エジプトではミイラの防腐剤としても使われていたそうです。
 
超臨界抽出法で作られたプロポリスはピロリ菌を除去する作用を持つという報告があります。
 

コメントを残す