玄米について少し気になった記事があったので紹介してみます。
 
愛知県衛生研究所の上野英二さんは玄米と精米のそれぞれついて、調理する過程での残留農薬量を調べました。

残留農薬は玄米を100とすると、精米後には19と大きく減少し、米をといだ後には12、炊飯後には8にまで減ります。
 
しかし玄米の場合、炊飯後でも70の農薬が残留していたそうです。
こちらをどうぞ。
pref.aichi.jp/eiseiken/3f/kome.html
 
玄米食はマクロビオティックなどの流行もあって、一般的に「健康に良い」というイメージでとらえられていると思います。
 
実際にそういう記事をたくさん読んでますし、玄米食を熱心に勧める人も個人的に知っています。 (ちなみにその人は「牛乳飲むと骨粗しょう症になるよ」とも主張してます)
 
ただし、「玄米食はすすめない」旨の記事も少なからず目にするのも事実です。上の残留農薬の件もそうですし、玄米に関してあれこれサイトを見ていたら・・・
 
「ミネラル豊富なはずの玄米を食べるとミネラル不足になる。それは玄米にばフィチン酸が含まれているからで、玄米食を続けると虫歯になる人がいるのはフィチン酸がカルシウムを排出してしまうから」
 
・・・という主張も目にしました。
 
 
フィチン酸とは、ミネラルの吸収を妨げたり、排出を助けたりする働きがあるそうです。
 
こちらをどうぞ。玄米食に興味のある方は一読をおすすめします。
global-clean.com/html/akude-minerarubusoku_01.html
 
 
上のページでは
 
「排出機能の強さゆえに、フィチン酸が有害物質を体内から追い出す働きをするのも事実。ただし、病状が改善しても玄米食を続けるのは良くない」
 
とも主張しています。
 
 
これに対して玄米食推進派のホームページには「確かにフィチン酸はミネラルを排出する働きがあるが、それを差し引いても玄米食はメリットの方が大きい」旨の主張があります。
 
こちらをどうぞ。
http://sanwa-nousan.jp/?m=free9
(ちょうど真ん中あたりまでスクロールさせるとミネラルに関する記述があります)
 
これをどう判断するかですよね。
 
私個人の意見としては「白米食でも問題はないが、玄米食を試す価値も確かにある」というものです。体調を崩した時など、一時的に玄米食を続けるのは効果的だと思います。
 
 
しかし、毎日3食、ずーっと続けるというのはどうだろう?というのが正直なところです。調理もけっこう面倒というイメージがありますし(私は以前、和食料理店で働いていたことがあって、玄米を炊いたこともあります。
 
当サイトの「玄米」コンテンツではちょっとしたエピソードも紹介しているので興味があったらご覧下さい)。
 
 
農薬の問題がクリアされれば、玄米を「主食」としてではなく、「野菜」のひとつとして献立に加えると非常に良いと思うのですが。
 
(ここまでを書いてから月日が流れ・・・その2に続きます)

玄米に対する考えその2 実感する効果

えー、上のコンテンツで私は玄米食についてやや懐疑的なことを書いています。しかしこの文章を書いている現在、私は玄米食にかなりハマっております。
 
 
上のコンテンツを作ってからこれを書くまでに経過した時間で、考えが変わってしまいました。
 
 
ハマった一番の理由は、単純に「美味しい」からです。味はもちろん、あの独特の噛みごたえがたまりません。
 
以前料理店で作っていた頃も、これほど美味しいとは感じませんでした。嗜好の変化でしょうか?私は白米も大好きですが、玄米もそれに近いくらい好みになっています。
 
ハマった理由は美味しいからだけではなく、玄米の「効果」も実感しているからです。
 
玄米を食べてまず気づいたのは、とにかく腹持ちが良いことです。
 
 
「これはちょっと少なめかな? 夜お腹が減るかも」と感じる量の食事を夕方6時頃に食べても、それから寝るまで「何か食べたいな・・・」と空腹感を感じることが少なくなったのです。
 
つまり、間食(特に夜食)を食べてしまう危険性がグッと減りました。
 
 
玄米は血糖値の上がり方が緩やかなので、血液中に糖分が少しずつ供給されている状態なのではないでしょうか。体内への糖分の供給が、白米はガーッと強火で短時間、玄米は弱火で長時間、といったイメージです。
 
 
「どうしても夜食を食べてしまうので、体重が増えないか心配」というあなたは、だまされたと思って夕飯をしばらく玄米食にしてみてはいかかでしょうか。
 
 
「不思議とお腹が減らない」ことに気付くと思います。

やる気の持続効果

それと効果としてはもうひとつ、「めんどくさい」と思わなくなったことがあります。
 
「やらなきゃいけない仕事があるけどな・・・でも、明日でいいや」と、やるべきことをつい後回しにしてしまうこと、ありませんか? (私はしょっちゅうあります・・・)
 
 
玄米を食べるようになってから、これが非常に少なくなりました。(おかけで、現在このコンテンツも順調に作成しております)
 
これは玄米コンテンツでも紹介しているように、ビタミンB1やギャバが含まれているからでしょう。
 
 
「玄米は残留農薬が心配」と上に書いていますが、しっかり洗うことでほぼ解決できるのではないか?という考えに現在は傾いています。

玄米の炊き方

炊き方について少し。
 
玄米を炊くときの水の量って、書いてあることにけっこう差があるんですよね。フィスラーのレシピ集には「米の量の1.3倍」とあるのですが、米の袋には「二倍」と書いてあります。
 
 
どっちだろ?と迷ったので「だったら、間(?)をとって1.5倍でいいか」とやってみたら、それなりにうまく炊けました。それ以来、ずっと1.5倍です。 私の場合、カップ二杯の玄米を炊くので、水はカップ三杯入れてます。
 
また、圧力鍋を使うときは玄米を洗ってすぐ炊き始めます。浸水時間はとらなくてもOKです。
 
 
ちなみに私は現在フィスラーの圧力鍋で炊いております。一人暮らしですが3.5リットルを使っていて、このサイズはおすすめです。
 
 
現物を見ると「デカすぎ?」と少しビビりますが、実際に使ってみたら「これでちょうどいいかも」「なんという絶妙な『大は小を兼ねる』!」と感じるのではないでしょうか。
 
私は3.5リットルでバッチリでした。百貨店などで買うよりもネットの方がかなりお得です。
 
 
(参考)
こちらの動画では、炊飯器で炊いてます。
管理人作成 You Tube動画 玄米の炊き方
麦や煮干も一緒に炊いてます
 
関連コンテンツ
お米 玄米 発芽玄米
 
[ad#text-adsense300]