管理人が飲んでいるサプリメント

私はこんなサプリメントを飲んでます
カゼをひきやすい方、疲れがとれにくい方は参考にしてみて下さい。

松田丈志選手 モチベーションを維持する方法

競泳の松田丈志選手は、4歳から水泳を始め、それ以来ずっと泳ぎ続けてきました。
 
ロンドンオリンピックでは200mバタフライで銅メダル、400mメドレーリレーで銀メダルを獲得しています。
 
松田選手のようにひとつの競技を長く続け、結果を出すには、モチベーションの維持が必要です。
 

そのためにはどんな秘訣があるのでしょうか?
 
 
松田選手の場合、まずは何より水泳が好きという理由があります。
 
それに加え、モチベーションを維持する保つコツとして松田選手は次のように語っています。

日々の成長を確認する術を持つこと。
 
はじめのうちはコーチについたり、スクールに通ったりして、自分の成長を少しでもいいから確認すること。成長が実感できれば、人間、ますますやる気になるものです。
 
技術がついたらどんどん大会に出てみること。大会は、結果が良くても悪くても、もっと上を目指そうというモチベーションをもらえますから。

水泳は対人競技ではないので、自分の長所をいかに伸ばし、欠点を改善していくかがタイムを縮めるカギになります。そのためには適切なアドバイスをくれるコーチの存在は大変重要です。
 
また大会に出ると自分の実力がわかりますし、たとえ記録が悪くとも「次は上手くやるぞ」という動機になるのでしょう。
 
自分超え: 弱さを強さに変える(レビューあり)
自分超え: 弱さを強さに変える
 
スポーツをしている方は松田選手の言葉を参考にしてみてください。
 
(松田選手のコメント部分はフリーマガジン「LIVE」vol.34 19ページから引用しました)
 


水泳上達教材
いずれも紹介動画・サンプル映像があります!
↓ ↓ ↓
子供水泳・上達プログラム マイ・エス・スイミング国立スイミングコーチ監修
水泳ベストタイム更新プログラム
水泳スタート&ターン泳法別攻略プログラム世界選手権リレーコーチ 指導
水泳スピードアップ・プログラム アテネ五輪代表 森隆弘 監修 DVD2枚組
水泳ストリームライン改善プログラム 理解して上達できる「姿勢」トレーニング
バタフライ・スピードアップ・プログラム【明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修】

コメントを残す