スイミングスクールに通っていた私ですが 久しぶりに泳いだらゲロゲロでした

前のページはこちら

そこで実際に泳ぎ始めたわけですが・・・。

ゼロからの快適スイミング ゆっくり長く泳ぎたい! (GAKKEN SPORTS BOOKS)
ゼロからの快適スイミング ゆっくり長く泳ぎたい! (GAKKEN SPORTS BOOKS)

私は確かにスイミングスクールに通っていました。しかしそれはもうこの時点で20年ほど昔の話です。
 
 

安っぽい見栄とプライドのせいで、ホントに死ぬかと思いました!


 
「いかに久しぶりとはいえ、50mくらいは楽勝だろう」とクロールでスタートしたものの、ほんの15メートルくらい泳いだ時点ですでに私の頭の中は
 
 

「50mはムリ」

 
 
という考えが大勢を占めていました。
 
それでも「オレは泳ぎは得意なんだ!」というプライドが、25m地点で強引に私をターンさせてしまったのです。
 
 
しかしターンして10メートルも進まないうちに、そのプライドも「コレはマジでヤバい」とアセりに変わりました。呼吸がキツいのです。そのくせ、そういう時は体に力が入っているので、ジタバタとした運動量の割には進みません。

大人の水泳教室 (コツがわかる本)
大人の水泳教室 (コツがわかる本)

「泳ぐのやめて、足をつけばいいだろ」と思ったあなた、それは正論です。
 
当然私もそれは考えました。しかしここでまた、私の安っぽい見栄が賢明な判断を邪魔したのです。
 
 
「いい大人が、 泳げなくなってレーンの途中で足ついちゃった なんてできるか!」
 
 
と考えてしまったのです。バカですね~。
 
 
そのままジタバタとどうにか50m泳ぎきった(というよりも50m暴れた)時には真剣に死ぬ寸前の気分でした。溺れて窒息するって、こんな感じなんだろうな、とシャレにならないことを考えたものです。
 
それからしばらくは、呼吸を整えるのに必死でした。
 
 
その時の私は周りからは「尋常じゃねぇ・・・」と思われていたでしょう。想像してみてください。いい大人がプールの中で両手を膝に当て、ゲロゲロになって肩で息している姿を(しかも海パンは蛍光イエロー)。
 
当時の私も筋トレなどの運動をチョコチョコやっていて、それなりに体力もあるつもりでした。
 
 
しかし、ひとつここで強調しておきますと、水泳は陸上の運動とは全く違います!(当たり前?)
 
 
長距離ランニングなど、地上の運動での持久力にある程度自信があっても、水泳で長いこと泳げるかというと、それはまたちょっと違う話だと思います。使う筋肉も全く違いますし、何より水泳用の呼吸機能が必要です。
 
 
私はどちらも衰えまくっていたわけです。そう考えると、トライアスロンの選手などは本当にスゴいな、と感じます。

DVDでよくわかる フラットスイム もっときれいに長く速くクロールが泳げる
DVDでよくわかる フラットスイム もっときれいに長く速くクロールが泳げる

「私は泳ぎは得意だ」というプライドをボロボロにされた私は、「コレはイカン!」と一念発起するのです。

次ページに続きます。
 
 
 
次のページ
 

コメントを残す