加齢黄斑変性対策サプリ オキュバイト+ルテイン 眼科医推奨

加齢黄斑変性はある程度年配の方に発症しやすい目の病気です。
 
白内障や緑内障に比べるとなじみの薄い病気ですが、加齢黄斑変性に関するテレビCMが放映されるなど、周知は広がっています。
 
 
加齢黄斑変性は50歳以上の男性に多いことがわかっています。男性の発症率は女性より3倍多いのです。
 

高齢者に多いので老眼と間違われやすいですが、全く別の症状です。
 
老眼は近くを見る際にピントが合わない一方で、加齢黄斑変性ではピントは合うものの視野が欠ける、ゆがむといった症状がでます。
 
 
また加齢黄斑変性は片目だけに発生するケースが多く、この点も老眼とは違います。
 
視野の欠損のほか、視野が暗くなる、ぼやけるなど視力の低下も見られます。
 
症状が進み、失明につながるリスクもあるので注意が必要です。
 
 
緑内障と同様に、片目だけの視野欠損は気づきにくいケースがあります。
 
時々片目だけをチェックしたり、ある程度の年齢に達したら定期健診で目も診察を受けるなどの対策を行いましょう。
 
 
発症してしまった場合、まずは医師の治療を受けるのが先決ですが、加齢黄斑変性対策に眼科医から勧められているサプリメントもあります。
 
 
ボシュロム社のオキュバイト+ルテインは加齢黄斑変性患者に推奨されているサプリメントです。
 
アマゾンには「飲み続けたら症状が改善した」「眼科医から紹介された」「眼圧も正常になった」旨のレビューがありますが、この製品はサプリメントなので効果・効能を保証するものではありません。
 
オキュバイト+ルテイン ロイヤルパック(Amazon)
オキュバイト+ルテイン ロイヤルパック(90粒×3本セット)
 
楽天市場へ
ヤフーショッピングへ
Amazon、楽天、ヤフーショッピングいずれも購入者のコメントが多数寄せられています。

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す