ウィダーのマッスルフィットプロテインを間食代わりに一日3~4杯、およそ一ヶ月間飲み続けた結果、私に以下のような変化が起こりました。
 
概ね良い変化と言えるようです。

ただし、このような変化が全てプロテインによるものかどうか、証明はできません。
 
 
また、たんぱく質を多めに摂取したことによる腎臓などへの影響を調べてわけでもありません。そのへんをふまえた上で、私に起きた変化を紹介致します。
 
いらいらしなくなった
これはほんとに、驚くほどの変化です。
 
 
仕事中、何でもないことにカリカリすること、ありませんか? 以前の私は何かにつけカリカリしていました。私は自営業(06年12月まで)なので、いろんなお客の相手をします。
 
 
相手が横着な態度を取ったりすると切れかかる寸前までいくことも何度かありましたが、今ではまったくといっていいほどありません。
 
 
日常から心の余裕があるので、お客さんだけでなく周囲のすべての人に接する態度が優しくなった気がします。
 
 
こういうのは、好循環を生むのでなかなか大きいポイントだと思います。
 
やる気が持続する
生活の質が改善した中でも、最もポイントが高いと思っているのがこれです。
 
言い換えるなら「空き時間に、やらなきゃいけないことをやるようになった」であり、休日のメルマガ書きもちゃんとやるようになりました。
 
 
以前はテレビゲームなどでダラーっと休日の大半をつぶし、あせってメルマガや仕事をこなして自己嫌悪に陥るというパターンを繰り返していました。
 
 
やるべきことをやって一日を終えると、すっきり・サッパリと眠りにつけます。
 
 
肌がきれいになった
以前から私は自分の美肌ぶり(?)をメルマガに書いてますが、プロテインをとるようになってからはさらに磨きがかかったような気がします。
 
 
桃井かおりも真っ青です。
 
 
・・・と言ってもあくまで主観的なものなので、怪しいと言われればそれまでですが、ヒゲをそる際のT字かみそりのすべりがやたらいいのです。
 
 
これが女性なら「化粧ののりがいい」ということになるのでしょうが、私はそこまでマニアでは無いのでわかりません。そのうちグラビアの仕事とか来そうです。(←?)
 
 
唇が荒れなくなった
冬場でもリップクリームをほとんど使わなくなりましたが、唇が切れるのはほんの1-2回です。
 
プロテインのおかげで、皮膚のコンディションを保つ機能がアップしたからではないでしょうか。
 
 
以上のように、プロテインは私に良い実感をもたらしてくれました。
 
プロテインというと、筋トレをする男性がとるもの、というイメージがありますが、現在は女性用の製品も販売されています。
 
 
男女問わず、健康・美容を意識する人であれば、積極的に利用しても良いのではないでしょうか。