低血圧を改善するには 生活習慣や運動 チーズやカフェインで

一般に上の血圧が100以下の場合を低血圧といい、30代までの女性は五人に一人は低血圧といわれています。
 
症状としてはめまい、立ちくらみ、頭が重い、耳鳴り、頭痛、食欲不振など多岐にわたります。
 
「朝起きられない、午前中気力がわかない」のが最も知られている症状ではないでしょうか。
 

原因はよくわかっていませんが、自律神経の働きの低下が最も有力視されています。
 
就寝中に働いている副交感神経が、朝起きても働いているために寝覚めが悪いのです。同時に血圧を高める交感神経の働きも弱くなっています。
 
 
この自律神経の切り替えをスムーズに行うことが、低血圧の不調対策になります。
 

低血圧による不調を改善する 食事や習慣

自律神経の働きを整える、あるいはあえて血圧を上げる対処を施します。

・早寝早起きを心がける
朝が辛いので大変ですが、朝からシャワーを浴び、朝食を食べれば交感神経が高まり症状が緩和されます。
 
 
・定期的に500ml(コップ二杯強)の水を飲む
これを実行すると飲んで5分後から血圧が上がり始め、30分で最大になります。
 
効果は90分持続し、上の血圧が10~40上昇します。就寝中に汗をかいているため、朝行うのがオススメです。
 
 
・チーズを食べる
チーズには血圧を上げるホルモンの材料物質が含まれているので、チーズ類(特にチェダーチーズが有効)を一日50g食べると低血圧対策になります。
 
 
・血液の循環をよくする
早歩き、ジョギング、体操など軽い運動を一日10分でも行って血液循環かを促しましょう。特に脚の筋肉を鍛えると血圧が下がりにくくなります。
 
グンゼ  SABRINA サブリナ ひきしめシェイプ 3足組 ストッキング 伝線しにくく脚を美しく引き締める 足首キュッと引き締め (M-L, ナチュラルベージュ)
グンゼ  SABRINA サブリナ ひきしめシェイプ 3足組 ストッキング 伝線しにくく脚を美しく引き締める 足首キュッと引き締め (M-L, ナチュラルベージュ)
 
・下から脚を段階的に締め付ける弾性ストッキングをはく
血液を脚にためないので低血圧が緩和されます。逆に、腰を強く締めるコルセットなどは良くありません。
 
 
・カフェインを含む緑茶、紅茶、コーヒーを飲む
食後にめまいや立ちくらみが起こる食後低血圧なら、カフェインの入った飲料を飲むと効果的です。

「理論上、血圧は低ければ低いほどいい」と医師がコメントしているのをテレビで見たことがありますが、生活に支障があるほど低いのはやっぱりキツいもの。
 
 
低血圧でお悩みなら参考にしてみてください。
 


冷え症・貧血・低血圧― カラー 冷え改善レシピつき (よくわかる最新医学)
見えない病気「低血圧」その診断と治療
 
女性の不調改善のためのノウハウです!
実践者の体験談も紹介されています
 ↓ ↓ ↓
「パーフェクトブルーデイズプログラム」
冷え性に生理痛、低血圧やホルモンバランスの崩れなど、女性ならではの悩みを解決する!

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す