EPAの効果や作用・特徴 EPAは血流の流れを改善します

EPAは魚油に多く含まれている不飽和脂肪酸です。
 
サバやイワシといった青魚に多く、カナディアンサーモンやニシンにも多く含まれています。
 

不飽和脂肪酸は人体に必須の成分で、「必須脂肪酸」と言えます。
 
 
EPAには中性脂肪値を下げ、血圧を下げる効果が確認されています。
 
また抗血小板作用、つまり血液サラサラ効果もあるため、生活習慣病全般の抑制にも役立ちます。
 
小林製薬の栄養補助食品 EPA 約30日分 150粒
小林製薬の栄養補助食品 EPA 約30日分 150粒
 
魚食が中心のエスキモーの人々に動脈硬化や心筋梗塞といった病気が少ないのはなぜだ?という研究が行われ、その謎を解く鍵になったのが魚に含まれるEPAだったのです。
 
 
サプリメントでとる場合は食後に摂取すると吸収が高まります。
 
副作用などは特に報告されていませんが、便がやわらかくなったり、息に魚臭が混じることがあります。
 
 
血液をサラサラにする作用があるので、抗血小板抑制剤を服用している場合は医師に相談しましょう。
 
サイト内コンテンツ EPAサプリメントまとめ
 
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す