仮面高血圧 白衣高血圧とは 血圧のチェック項目

血圧は心理状態や周囲の環境にとても左右されやすく、簡単に上がったり下がったりします。
 
普段は正常な血圧なのに、病院で医師や看護師を目の前にして測定すると急に血圧が上がってしまう「白衣高血圧」というものがあります。
 
↑実はうちの親父はこれなんです。
 

日ごろ「血圧は正常値」というのを自慢にしているので、病院での測定の結果が高いことにかなり納得がいかない様子。
 
半分ムキになって「普段は正常値だ!」と主張してます・・・。
 
 
これに対して、「仮面高血圧」というものがあります。
 
病院での健康診断などでは正常値にもかかわらず、早朝・夜間、職場では血圧が高くなっている症状のことです。
 
 
「白衣」は特に気にすることありませんが、「仮面」を放置すると心臓や腎臓の障害が進んでしまったり、脳卒中や心筋梗塞になる危険性が高まります。
 
 
「仮面」の中でも特に多いのが早朝に血圧が上がる「早朝高血圧」です。
 
睡眠中ずっと血圧が高い「夜間持続型」と、明け方から急激に血圧が上がる「早朝上昇型」に分類されます。
 
 
朝おきがけの脳卒中、などといったリスクが当然増えるわけですが、病院などで血圧を測定しても正常値内なので「自分は大丈夫」と思ってしまうのでやっかいです。
 
これを防ぐためには、朝の血圧チェックがおすすめです。
 
このとき注意するのは、「起床後1時間以内に、排尿をすませたあと、食事の前に」の3つです。
 
 
上が135ミリHg、下が85ミリHgより高く、なおかつ「起きても疲れが取れない、肩がこっている、寝汗をかく」といった症状があるなら、「仮面高血圧」である可能性が高くなります。
 


血圧を下げる特効法101改訂新版
オムロン 上腕式自動血圧計 電化製品 (HEM-7131)

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す