志茂田景樹さんの健康法 ウォーキングや玄米食

小説家の志茂田景樹さんは、毎朝1時間半ほど速歩で5~10kmウォーキングをしています。
(このコンテンツは2007年に作成しています)
 
「そこには日々、発見があるし、出会いもある」のだそうです。
 
食事は90%が玄米と野菜、残りの10%は魚介類で動物性たんぱく質をとります。口にするのは無農薬の有機食材で、調味料も無添加です。
 

トンカツは「半年に1回」だけです。
 
お酒はほろ酔い気分になる程度、タバコはどうしても吸いたくなったときに1本だけを「心から楽しんで」吸います。
 
こうすると健康的な害よりも精神的メリットが多いので有益なんだそうです。(こういう吸い方ならアリなんでしょうか?「心から楽しむ」吸い方を一日に何度もやっていたらダメでしょうけど)
 
 
現在は、子供たちに絵本の読み聞かせをしながら全国を回っており、80歳になっても続けることを目標にしています。
 
童話・絵本執筆も手がけていて、不登校の子どもたちの支援および心療内科についての周知を広める活動も熱心に行っています。
 
きっとうまくいく 人生、今が出発点(レビューあり)
きっとうまくいく 人生、今が出発点
 
タバコを吸ってらっしゃるというのがちょっと気になりますが、生活としては非常に健康的ではないでしょうか?
 
80歳どころか、もっと高齢になっても活動を続けられそうですね。
 
ちなみに志茂田さんは音痴なのですが、歌うことは非常に好きで、カラオケで熱唱するのはもちろん、講演会でも歌うのだとか。
 

コメントを残す