蔵 健太さんのトレーニング

イギリスのロイヤル・バレエ団でソリストとして活躍している蔵 健太さんは入団して2年目に左ひざを手術し、5年目には椎間板ヘルニアを発症してしまいます。
 
最も成長し、自分をアピールしなくてはいけない時期のケガに、蔵さんはショックを受けますが、ケガを克服するべく身体を鍛え始めます。
 
(このコンテンツは雑誌「ターザン」2011 9/11号 No.588 118~121ページを参考にしています。コンテンツの内容は記事掲載当時のものです)
 

傷めた腰と膝を筋肉で固め、左右の身体のバランスをとるためウェイトトレーニングも開始します。食事もちゃんと管理するようになりました。
 
ダンサーなら知っておきたい「トレーニング」のこと(レビューあり)
ダンサーなら知っておきたい「トレーニング」のこと
 
蔵さんのロンドンでの生活はこんな感じです。
 
・起床後に朝食
・30分かけて全身のストレッチ
・腕立て伏せと腹筋運動を50回ずつ(これは夜も行う)
・ピラティスあるいはジムトレーニングの後、ロイヤルバレエ団へ

 
 
バレエ団では
 
・基本レッスンを1時間15分
・公演の通し稽古を5時間30分
・夜の本番公演は3時間

 
 
バレエだけでおよそ10時間も身体を動かし続けているわけです。ハンパないですね・・・。
 
 
ウェイトトレーニングでは、
 
ベンチプレス バタフライ ショルダープレス スクワット
 
などで全身を鍛えます。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す