※むらおより いきなり追記
このコンテンツでは、甜茶を花粉症の方へのおすすめ食材として紹介していますが、甜茶は花粉症対策には意味がないという主張もあります。
 
甜茶は中国で「開胃茶」とも呼ばれており、おめでたい席で飲むお茶として親しまれています。
 
甘味があるのが特徴で、せき止めや解熱目的にも飲まれています。

甜茶はヒスタミンやロイコトリエンといった化学伝達物質の過剰分泌を抑える抗アレルギー作用を持っているため日本では主に花粉症対策として飲まれています。
 
甜茶は花粉症だけでなくハウスダストやダニなど花粉以外の原因で起きるアレルギー症状を持つ方にも勧められることがわかっています。
 
マスクをする女性
 
甜茶を花粉症対策として利用する場合、花粉が飛ぶ前から飲むのがポイントです。花粉症シーズンの遅くとも1ヶ月前からは飲み始めましょう。実感を得るには毎日飲み続ける必要があります。
 
 
ただし甜茶とアレルギー症状は無関係との説もあるので、何の実感も得られない可能性はあります。食品として楽しみつつ、アレルギー対策も期待する、という姿勢で飲むのが良いかもしれません。
 
甜茶単体ではなく、シソ成分も一緒に摂取するのもおすすめです。甜茶のサプリメントにはシソ成分を配合した製品も多く市販されています。
 
むずむず
山本漢方製薬 甜茶100% 3gX20H