新幹線で仮眠をとるなら 枕使用がおすすめ

新幹線のイスの角度は、仮眠を取る姿勢に適した設計になっています。
 
睡眠文化研究所と国立精神・神経センターなどがサラリーマンを対象にした調査の結果、新幹線での仮眠では腰や首に枕を補うとさらに質の良い仮眠が得られることがわかりました。
 
まくらを使わない場合より質のよい睡眠時間が30分多くなるそうです。まくら無しだと小刻みに覚醒してしまうのです。
 

仮眠をとるのは私もおすすめですが、新幹線であまり長いこと寝てしまうと夜眠れなくなってしまい、睡眠のリズムを崩してしまうおそれがあります。
 
長くても30分間で(上では「質の良い睡眠が30分多くなる」と書いてますが)、夕方を過ぎたら仮眠をとるのはあまり良くないのではないでしょうか?
 
私が個人的に、睡眠のリズムが一度狂うと元に戻すのに非常に大変な思いをするので、新幹線の中で長時間眠ってしまうと夜眠れなくなってしまいそうな気がするのです。
 
30分以内の仮眠であれば、夜の睡眠の質をむしろ良くするそうなのでお勧めですが。
 
Wow Pillow (ワウピロー)米アマゾン旅行用グッズランキングトップ商品【イギリス全国発明表彰受賞】(レビュー多数あり)
Wow Pillow (ワウピロー) J型トラベルネックピロー 米アマゾン旅行用グッズのランキングトップ商品【イギリス全国発明表彰受賞商品】
 
ちなみに普段の睡眠に使う枕を選ぶ基準のひとつに「仰向けに寝たとき横から見て直立の時と同じ姿勢が取れるもの」があります。
 
うつむき加減になったり、あごが出る姿勢になるのは良くありません。
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す