当サイトで何度かエントリーしているように、私はけっこう自炊をしております。
 
健康のために栄養が偏らないように、という意味もあるのですが、単純に料理が好きなのです。料理人やパティシエのような職人は本当にカッコイイと思いますし。

料理に興味が出ると、道具もちょっといいヤツを使いたくなるもの。
 
このコンテンツでは、鉄製フライパン「極」について紹介いたします。

「極(きわめ)」フライパン購入 耐久性は?

かなり昔の話です。
 
ある百貨店のキッチン用品売り場で、鉄製のフライパンを物色していました。
 
フッ素コートされたフライパンの便利さはよくわかっていますが、私は高い温度で料理したいタチなのでつい鉄製に魅かれるのです。
 
あれこれ見ていたら、日本のメーカーが作った「極(きわめ)」なる鉄製フライパンが目に入りました。
 
キッチン用品担当の店員さんによると、この「極」という製品は鉄製でありながら使った後は洗って乾燥させるだけで良く、油を塗る必要が無いのそうです。
 
長いこと使って取っ手の部分が弱ってきたら、取っ手だけ付け替えることができるとか。鉄なので高温もOKですし、長く使えるフライパンなのです。
 
その日は説明を聞いただけで終わったのですが、大きさもちょうどいいのがあったので後日極フライパンを2種類購入しました。
 
・・・といっても、このコンテンツを作成している時点で、購入から10年ほど経っています。
 
かなり年季が入ってますが。

左が直径24cmのフライパン、右が26cmの炒め鍋です。炒め鍋のほうが少し深さがあります。
 
こうしたフライパンで気になるのは、取手部分のガタつきではないでしょうか。
 
リベット部分はこんな感じ。

 

長いこと使ってますが、緩みやズレはありません。かなりしっかりしています。
 
取手部分はどうかというと、26cm炒め鍋のほうに、ごくわずかですがズレが出てきました。
 
とても微妙な違いなのですが、少しだけズレているのがわかるでしょうか?

 

このズレの分だけ取手にガタつきが出ています。
 
とはいえ全く気にならないレベルのズレなので、使用には支障ありません。普通に使ってます。
 
耐久性の面では、まず問題ないと考えています。

極フライパンでチャーハンはできる?注意点は

鉄のフライパンで高温バリバリ炒めものとくれば、やっぱりチャーハンですよね。(←?)
 
私が鉄鍋を購入した動悸のひとつは、「ガンガンに熱したフライパンでパラパラのチャーハンを作りたい!」がありました。
 
テフロン加工のフライパンは、長時間カラ焼きするのは絶対NGです。
 
なので極フライパンを購入した私は、さっそくチャーハンを作ってみました。
 
 
結論を書きますと、チャーハンは作れます。
 
 
しかし私の場合(もちろん家庭用コンロです)カラ焼きが足りないと、鍋のフチ近くにカラメル状のもの(黒い帯状の部分)が残ります。

これはフチ部分の温度が低いため鍋を振った時にご飯がくっつき、そのデンプン質が残ってしまったものです。コンロの火力やカラ焼きが足りないと起きやすくなります。
 
このままでも使えますが、気になるならご注意ください。
 
使い方のコツをおさえれば、チャーハンにも問題なく使えるようです。Amazonにその旨のレビューがありました。
娘が「パパのチャーハン食べたい」と言ってくれるようになりました

極炒め鍋 管理人がやってた使用上のミス 油を塗るケースも

使っていて気づいた点がもうひとつあります。
 
下の画像をご覧ください。

写真ではちょっと見にくいのですが、左のフライパンのほうがツヤツヤしているのがわかるでしょうか?右の炒め鍋は”ツヤ消し”になっています。
 
実は右の炒め鍋のほうは、表面の油分がなくなっているのです。
 
 
上で紹介しているように、極フライパンのウリは「鉄製でありながら使った後は洗って乾燥させるだけで良く、油を塗る必要が無い」ことです。
 
なので私は使った後も油を塗ることなく保管してました。
 
しかしこのコンテンツを作るにあたり、アマゾンを見ていたらこうした注意書きがあったのです。

煮る、蒸す、茹でるなどの調理の後は、洗って乾いてから、内側全体に薄く油を塗っておいてください。

 
水分の多い調理の後は、油を塗る必要があるようです。
 
私の場合、この炒め鍋でカレーをしばしば作ります。
 
玉ねぎやスパイスを炒める→肉を炒める→野菜や水を加えてそのまま煮込む
 
という工程になるので、最後は煮込み料理になります。
 
私は煮込みに使った後も油をひいていませんでした。(´Д`)
 
とはいえ上の「油膜なし」の状態でも、サビが出てきたわけではありません。
 
現在も使い続けていますが、今後は念のため油を薄くひいて保管することにします。
 
 
注意点も挙げましたが、結論としては
 
「極」フライパンはとても使えます!
 
 
日本製という点も高ポイントです。Amazonなどでのレビューも概ね高評価のようです。
 
鉄製フライパンに興味のある方は、チェックしてみて下さい!
 
RIVER LIGHT 極フライパン(Amazon)
RIVER LIGHT 極 フライパン
 
極フライパンは楽天市場ヤフーショッピングでも販売されています。