宮本恒靖さんの水分補給 ザルツブルグで言われたこと

オーストリアのサッカー一部リーグ、ザルツブルグに所属していた頃、宮本恒靖さんはチームから「水は一日4リットル飲んだほうがいい」と言われていました。
 
宮本さん自身は「3リットルまでは飲めるけれど、あと1リットルがなかなか厳しい」と感じていたそうです。
 
(このコンテンツは2009年に作成しています。この時点では宮本選手はヴィッセル神戸所属です)
 

食事については、その時に食べたいものを気持ちよく食べるのがいい、と考えています。
 
日本にいた頃からビールよりワインが好きで、週に一回くらい飲んいます。
 
宮本恒靖 学ぶ人
宮本恒靖 学ぶ人
 
プロのスポーツチームでも水は飲むように指導されるんですね。しかし4リットルとは。
 
私も水はある程度意識して飲むようにしています。
 
このサイトでも、「水を飲むようにしたら体調が良くなった」という有名人の記事は何度か紹介しました。
 
 
「水を意識して飲むのは身体に良い」という意見が圧倒的多数だとは思いますが、「気がついたときだけ、ほどほどに飲むのが良い」という主張も耳にします。
 
 
よく「一日3リットル」なんてことが言われますが、この量をクリアしようとムリしてまで飲む必要は無いと私も思います。
 
とりあえず水を意識して飲むべきなのは、朝起きてすぐです。
 
この時間帯は多少多めに水分補給をしても、身体には間違いなく有益だと思います。
 
 
私は寝る前はあまり水分を摂らないことが多いので、朝起きがけは特に意識して飲むようにしています。
 


わんぱくドリブル軍団JSC CHIBA ドリブル基礎トレーニング 初級編
三木利章の「個」の力を育成するためのドリブル上達トレーニングメソッド
一人でもできる!元Jリーガー越智隼人のサッカー上達法
吉田康弘「究極のパス上達理論」正確な「予測」「判断」を育成する12のヒント

コメントを残す