エリザベス・テイラーさんの闘病生活

アカデミー主演女優賞を2度受賞したエリザベス・テイラーさんは、ハリウッドきっての美人女優として華やかな人生を送りました。
 
8回の結婚と7回の離婚など、私生活での話題も派手でした。
 
そんなテイラーさんですが、晩年は病気の連続に悩まされました。
 

脳腫瘍、皮膚がん、肺炎などで、25年間に100回以上も通院したと言われています。死の1年余り前には心臓病の手術を受けています。その時点で脊椎の病気と首の痛みを患っていたため、車いすに頼る生活でした。
 
 
そんな状態で手術を受けたにもかかわらず、心臓病が再発してしまいます。
 
それまでいくつもの病気を克服し、そのたびに復活してきたテイラーさんでしたが、その際は一切の手術を拒否し、2011年3月23日79歳で亡くなります。
 
死因は「うっ血性心不全」でした。
 
「クレオパトラ 製作50周年記念版ブルーレイ・コレクターズBOX〔初回生産限定〕(レビュー多数あり)
「クレオパトラ 製作50周年記念版ブルーレイ・コレクターズBOX〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
 
ここでテイラーさんに関する雑学を。

・愛称の「リズ (Liz)」で有名だったが、本人はこれを嫌って決して用いなかった。
 
・横尾忠則さんは、高校2年生のときテイラーさんにファンレターを送ったことがある
 
・横尾さんが切手コレクターだったので、世界中から寄せられたテイラーさん宛てファンレターの切手をテイラーさんから送ってもらったことがある

このコンテンツはこちらを参考に作成しました。
 
ウィキペディア エリザベス・テイラー
http://tinyurl.com/7yd2u29
 
平成23年10月5日付 九州スポーツ新聞 若林利光医師のコラム「偉人たちに学べ 長寿への道しるべ」
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す