下剤ダイエット?絶対ありえん 産経の記事

少し前の記事ですが、ちょっと信じられないダイエット法が報じられていました。
 
MSN産経ニュース
絶対ダメ 下剤ダイエット 腸の粘膜に炎症…結果的に肥満にも
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120131/bdy12013107550001-n1.htm
(現在この記事は削除されています)
 
厚生労働省が平成21~22年に、中学生対象の摂食障害調査を行っています。
 
調査によると、痩せる目的で4週間に2回以上下剤を使ったことのある中学生は女子が1.1%、男子が0.7%いたそうです。
 

ありえません!(゚ロ゚;)
 
 
このサイトやメルマガで何度か書いているように、私は便秘薬・下剤の使用にはとても否定的です。滅多なことでは使うべきではないと考えています。
 
便秘の人が太りやすいのは事実ですが、それは便がたまるからではなく、腸内環境の悪化で腸の働きが鈍っているからです。
 
 
記事では、
 
腸がきちんと動いていないと、摂取したカロリーが各細胞に行き渡らず、本来なら全身の細胞で働くはずのカロリーが皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積される。
 
と指摘されています。
 
つまり、下剤を使って便を出しても、腸内環境を改善しない限り根本的な解決にはならないのです。
 
 
さらに言えば、下剤を常用していると排泄能力が衰えてしまい、慢性的な便秘を招きかねません。
 
下剤を使って排泄→排泄する力が弱まる→便秘気味になる→下剤で出す→ますます弱まる→
 
と、悪循環にどんどんはまっていきます。
 
よほどの事情がない限り、下剤を使うべきではありません。ましてや常用するなどありえない話です。
 
 
イヤというほど繰り返されていますが、ダイエットするなら摂取カロリーをおさえて適度な運動をするのが王道です。
 

コメントを残す