冷たい飲み物が良くない理由 アーユルヴェーダの「アグニ」

暑い時に氷入りの冷たい水をキューっと飲むのは爽快なものです。
 
しかしインド伝統の民間療法アーユルヴェーダではこれを最もやってはいけないこととしています。
 
このような場合、白湯か、室温と同じくらいの生ぬるい水を飲むようにすすめています。
 

冷たい水は、アグニ(消化力)を奪うと考えられているからです。
 
 
アグニは体内毒素を体から一掃するために非常に重要な力です。アグニが強ければ強いほど老廃物が蓄積されず病気の予防につながるといわれています。
 
 
この話を聞いていつも思い出すのは、空手家でキックボクサーでもあったアンディ・フグさんです。フグさんは冷たい飲み物は絶対に飲まなかったそうです。
 
 
たとえコップ一杯の冷たい水でさえもフグさんは飲まなかったので、K-1イベントプロデューサーの谷川貞治さんがテレビ出演した際、フグさんについて
 
「コップ一杯くらいの冷たい水を飲んだって、はっきり言ってしまえばどうってことはないんですよ。それでも飲まなかったアンディのストイックさには脱帽した」
 
といった意味の発言をしていたのを覚えています。
 
 
私も夏場であっても、できるだけ常温以上の温度のものを飲むようにしています。
 
たまには冷たいものも飲みますが、畳み掛けるように連続で飲むとやはり「なんとなくヤバイ」と感じることがあります。「やる気」が無くなるような気もしますし。
 
やはり基本は常温が良いようです。
 
 
ちなみにフグさんは日本で自炊していた時、ご飯にバナナとヨーグルトをかけて食べていたそうです・・・。
 

冷たいものをとりすぎると気力の低下

冷たいものの飲み過ぎで失敗した個人的な例をひとつ。
 
ある年の夏、猛暑日が続いてあまりの暑さに氷菓子の類を続けて食べたところ・・・。
 
 
気力が思いっきり低下し、いわゆる「やる気」がゴッソリ無くなってしまったのです。
 
春・夏・秋・冬「体を温めて」病気知らず! (レビューあり)
春・夏・秋・冬「体を温めて」病気知らず! (知的生きかた文庫)
 
私の場合、やる気がなくなるといろんな面での「めんどくさい」「後回し」が多くなってきます。そしてその気力の低下はハッキリ自覚できます。
 
冷たいものは以前も食べてましたが、あれほど気力に影響したのは初めてでした。(トシのせいかも?)
 
これはイカンと反省した私は早速冷たいものを控えるようになり(全くとらなくなったわけではありません)、その後は気力も回復しています。
 
 
お腹を冷やすと腹痛などを起こすこともありますが、気力など精神面にも悪い影響があるのは間違いありません。
 
近年の夏は猛暑日が当たり前のようになりました。
 
「暑くて何もやる気が起きね~」とダレてませんか?もしそうなら、冷たいものを口にしないよう意識してみてはいかがでしょうか。
 
けっこうな違いが出るのではないでしょうか。
 

コメントを残す