絢香さんもかかったバセドウ病とは 特徴や症状など

歌手の絢香さんはデビューの翌年(07年)からバセドウ病にかかっていたそうです。
 
 
バセドウ病とはどんな病気なのでしょうか?
箇条書きでまとめてみました。
 

・甲状腺ホルモン(新陳代謝を高めるホルモン)が過剰に作られる病気。
(ちなみに甲状腺の場所はのどの下半分、男性ならのど仏の下部)
 
・原因はよくわかっていない。
 
・女性に多く発症する。患者の男女比は1:4
 
・症状としては次のようなものがある。

甲状腺が腫れる 疲れやすい イライラする 
 
集中力低下 発汗が多くなる 微熱が出る 
 
筋力が低下する 月経が乱れる 動悸・息切れ 
(絢香さんも、歌った後息切れが激しくなることがあった)
 
眼球が突出する 目つきがきつくなる 
 
女性が妊娠していると流産の可能性が高くなる

・中年以降の女性がかかった場合、その症状から更年期障害と間違われることがある。
 
また、60歳以上の高齢者がバセドウ病になっても甲状腺の腫れは起きにくい。
 
 
・・・と、こうした特徴があるバセドウ病ですが、現在では治療法が確立しており、発症しても仕事や普通の生活を続けることは十分可能になっています。
 
上では「流産の可能性が上がる」と紹介していますが、これも治療を行うことで妊娠・出産は問題なく行うことができるようになります。
 
 
治療では一定期間薬を服用した後、経過を見て甲状腺手術などを施します。
 
ちなみにクレオパトラもバセドウ病だったと考えられており、田中角栄元首相やジョージ・ブッシュ元米大統領もバセドウ病といわれています。
 

コメントを残す