「育毛剤」と「発毛剤」の違い 薄毛のタイプと有効成分

「育毛剤」と「発毛剤」の違いって、何でしょうか?
 
脱毛を止める効果があるのが育毛剤で、いま生えている髪の毛の成長を助ける作用をします。
 
つまり「すでに生えている髪を育てる」のが育毛剤です。
 

一時期話題になった「飲む育毛剤」の原理としては、
 
薄毛やニキビの原因となる男性特有のホルモンを体内で生産されないようにする
 
ものです。
 
海外の試験では9割の男性に育毛効果が認められました。
 
 
発毛剤はさらに進んで「臨床試験で発毛が認められた商品」のことを言います。毛母細胞を活性化させ、 新しく毛を生やす作用をもたらすのが発毛剤です。
 
髪の毛が生えなくなった毛穴部分から再度発毛をさせる効果が認められた場合のみ、「発毛剤」として認可されます。
 
メーカーによっては、発毛効果がある程度認められる製品でも、育毛剤として認可を取り発売するケースもあるようです。
 
 
頭頂部から髪の毛が薄くなっていくタイプをO型脱毛、そりこみ部分から薄くなっていくとM型脱毛、この二つが組み合わさるとMO型脱毛と呼びます。
 
育毛剤・発毛剤にはいくつかの有効成分が配合されており、その成分は脱毛のタイプによって効果に差があると言われています。
 
ミノキシジルを配合した製品はO型脱毛に高い効果を発揮しますが、M型には効果が薄いとされています。
 
対してペンタデカン酸グリセリド配合の製品はM型に特に有効ですが、O型には効きが弱いという特徴があります。
 
薄毛・育毛対策(男女) 
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す