たけのこや三菜のアクにはアセチルコリンという物質が含まれています。
 
アセチルコリンはアレルギー反応を起こすことがありますが、アクをしっかり取り除けばアレルギー反応は起きません。このようなアレルギー反応を仮性アレルギーといいます。

中国で料理のことを「菜」というのはなぜでしょうか?一説によると野菜は中国の食事の主役を務めているから、だそうです。
 
 
つまり、野菜は体の健康維持に欠かせないという医食同源の発想に基づいているからというのが理由のようです。
 
 
日本人の一日あたりに必要な野菜摂取量は一日350g以上とされていますが、実際は270gしか摂取されておらず、20代にいたっては247gしか摂っていません。
 
一年間の日本国民一人当たりの野菜摂取量は、韓国の半分にも満たない量といわれています。