ED治療薬・レビトラとは バイアグラとの違いや注意点

レビトラはバイアグラの発売(98年)から6年後、ドイツのバイエル社とイギリスのグラクソスミスクライン社によって開発されました。
 
レビトラの主成分は塩酸バルデナフィルで、血管の拡張作用や血流を促進して勃起を促す作用を持っています。(ちなみに、バイアグラの主成分はクエン酸シルデナフィルです)
 

もともとレビトラは、バイアグラで十分な効果が得られないED患者に対して開発されたものです。
 
以前日本ではレビトラの使用量が1回あたり10mgまでと規制されていました。
 
 
しかしこれだけでは量が少なすぎて、効果が表れないか、十分でないケースが多く発生しました。糖尿病を患っていたりすると効き目が弱かったのです。
 
そこで規制が緩和され、一回当たりレビトラを20mgまで使用できるようになりました。(07時点の情報です)これにより効果が不足するという症例は大幅に少なくなりました。
 
 
レビトラは服用時に食事の影響をほとんど受けず、同時に即効性があります。
 
ここがバイアグラと大きく違うところですが、心臓に問題がある場合は注意が必要です。服用の際には医師のアドバイスを受けるようにしましょう。
 
 
レビトラやバイアグラは「飲めば勃起が起きる」というわけではありません。性的な刺激や興奮が高まらないと勃起しません。
 
多量の飲酒や喫煙習慣があると勃起改善薬の作用は弱くなってしまいます。
 
バイアグラ・シアリス・レビトラセット通販 効果の比較にも
 

記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す