健康的に太るには4 おすすめの運動 まずは筋トレを

このコンテンツでは、体重を増やしたい人向けと思われる運動について考えます。
 
前ページはこちら
 
まず、「太りたい」といっても、脂肪を身体につけて体重を増やしたい、と考えている方は少数派ではないでしょうか。
 
見た目にも好ましくないはずですし、何より健康に良いとは言えません。
 
 
そこで、筋肉メイン( 脂肪も少し)で体重を増やす前提で話を進めます。
 

現時点で私が考える、体重を増やしたい人にイチオシの運動は加圧トレーニングです。
 
最近は加圧トレーニングのジムも多くなり、一般の人も気軽に体験できるようになりました。
 
 
私が加圧トレーニングをお勧めする理由としては・・・

・効果が高い
・しかもその効果が比較的早く表れる
・筋肉をつける以外にも、成長ホルモンの作用による良い効果が期待できる

などがあります。
 
 
加圧トレができる環境になければ、普通の筋トレでも、もちろん構いません。
 
筋トレについて自分で勉強して知識を増やしつつ、ジムのトレーナーさんに「体重を増やしたい」旨を伝え、指導を受けながらトレーニングを行えば上達も早いはずです。
 
 
女性であれば、バストアップのために胸の筋肉、ヒップアップのためにお尻の筋肉を鍛える。
 
男性であれば、腹筋を鍛えてお腹を「割る」、体型を逆三角形にするために背中の筋肉を鍛えるなど、シェイプアップのために明確な目的を持って筋トレすれば、一石二鳥です。
 
 
トレーニングを行った後は、栄養を十分補給し、休養をとらないと筋肉は作られません。「身体を動かして疲れたので、何もやる気がしない」では意味がありません。
 
 
ここでひとつ疑問が。
 
一般的に、運動は「やせたい人」が行うことが多いはずです。
 
「ダイエットにはウォーキングや水泳などの有酸素運動が有効」とか「通勤には自転車を使い、会社では階段を使いましょう」とか。
 
ということは、「体重を増やしたい」と考えている人にはこれらの運動は向いていないのでしょうか?
 
スポーツ選手の食事指導なども行っている、立教大学の杉浦克己教授は、やせている人がジョギングなどの持久力を高める運動をすると体力を消耗し、食欲低下をもたらすと考えているそうです。
 
 
私としては
 
「有酸素運動や持久系の運動をやるなとは言わないが、体重を増やしたいのであれば、筋肉を増やす無酸素系のトレーニングを優先するべき」
 
と考えています。「体重を増やすためにウォーキング(だけ)をやっています」というのは、ちょっと違うのではないでしょうか。
 
 
体重を増やしたい人でも、勤務先で階段を使ったり、日頃から歩くよう意識するのは、体力を付ける意味でもちろん良いことなのですが、それだけでは不十分だと思うのです。
 
これらに加えて、自由になる時間で筋トレが必要だと考えます。
 
 
体重が少ないことで悩まされがちな症状が、筋肉をつけることで次のように変化します。

・体力がついて疲れにくくなり、活動的にな。
・便秘や腰痛の解消
・食事が美味しくなる
 
・血圧が上がる(筋肉が増えると血圧は上がります)
・身体の冷え、脚のむくみ、あるいは肩こりなども改善する

先の杉浦教授によると、やせている人を太らせるのは、肥満している人がダイエットするよりも難しいそうです。
 
 
健康的に太ることは、一朝一夕には実現しないかもしれませんが、可能なことから少しずつ実行してみてはいかがでしょうか。
 
(健康的に太るには 終わり)
 
 
女性らしい体型を作りませんか?
バストアップのためのDVD教材です。
メールサポート特典により、食事のアドバイスも受けられます(下記体験談参照)
↓ ↓ ↓
「バストアップラボ」◆日本一売れているバストアップDVD◆
こうした体験談が多数紹介されています。

私は元々痩せ型で、たくさん食べながらも激しいスポーツもしているので、体脂肪がなかなか上がらないのが一番の原因と思っていました。
 
食べているのに、なぜ・・・という悩みでした。
 
バストアップラボを始めてからは、何度もメールサポートにメールをして、そのたびに温かい励ましのお言葉や、的確なアドバイスをもらいました。
 
このような適宜のアドバイスや励ましって、本当に有難いとおもいました。このおかげで、続けてこられたようなものです。本当にありがとうございました。
 
また、実践中には、ずっと3食をメモしてきました。メモすることによって、これまでとっているつもりでとっていなかった食材などが明らかになり、このこともバストアップの成功にとても寄与したと思います。
記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す