体重を増やすには2 食事の回数を増やして 少しずつたくさん食べる

このコンテンツでは、女性の「どうすれば健康的に太れるか」という件について考えています。
 
前ページはこちら
 
太れないと体力もつきにくく、生活の質が落ちやすくなります。
 
体重が増えない人は内臓の働きが弱く、吸収される栄養分が少なくなります。そのため、太るには食べる量をある程度増やす必要があります。

とはいえ、太れない人は食が細く、「一回あたりの食事量を増やすのは無理」というケースも多いようです。
 
そこで、食べる回数を増やすことで、必要なカロリーを確保します。少しずつ、何度も食べるわけですね。
 
 
朝食を抜くのはもちろんダメで、三食にプラスして間食も積極的に食べましょう。
 
朝食→10時のおやつ→昼食→3時のおやつ→夕食→夜食
 
といった感じです。
 
関連コンテンツ
朝食食べる?食べない?
 
間食や夜食など、一般には「太る」とされている食べ方を実践することになります。
 
この「おやつ」も、お菓子ではなく、パンやサンドイッチ、おにぎりなど、「ちょっとしたご飯」と言える食品で、栄養のバランスがとれたものならなお良いでしょう。
 
 
たくさん食べるということは、その分胃腸の活動時間が長くなります。
 
そのため、胃腸の負担を軽くして、働きを助けるために消化の良いもの、温かいもの、ヨーグルトなどお腹の調子を整えるものを念頭に食品を選びます。
 
 
反面、油もの、冷たいものを食べすぎると、ただでさえ弱り気味になっている胃腸の負担になり、働きを弱めてしまいます。
 
油ものはカロリーが高いという点では理想的ですが、続けて食べるとさすがに胃がもたれるなどして、食欲自体が無くなってしまうことも考えられます。
 
また冷たいものは胃腸の働きを弱めてしまうので、食べすぎは良くありません。
 
 
基本的には「ある程度何でも食べる」がポイントになるのですが、やはりお腹の調子と栄養のバランスには留意しておきたいものです。
 
栄養をたくさんとるためには、バランスの良い食事を何度か食べられればベストなのですが、一般の人はさすがにそうはいきません。
 
 
そこで、少しでもその理想に近づけるために、食事に加えてサプリメントを適宜利用すると良いのではないでしょうか。
 
次のコンテンツではサプリメントについて書いてみます。
 
女性らしい体型を作りませんか?
バストアップのためのDVD教材です。
メールサポート特典により、食事のアドバイスも受けられます(下記体験談参照)
↓ ↓ ↓
「バストアップラボ」◆日本一売れているバストアップDVD◆
こうした体験談が多数紹介されています。

私は元々痩せ型で、たくさん食べながらも激しいスポーツもしているので、体脂肪がなかなか上がらないのが一番の原因と思っていました。
 
食べているのに、なぜ・・・という悩みでした。
 
バストアップラボを始めてからは、何度もメールサポートにメールをして、そのたびに温かい励ましのお言葉や、的確なアドバイスをもらいました。
 
このような適宜のアドバイスや励ましって、本当に有難いとおもいました。このおかげで、続けてこられたようなものです。本当にありがとうございました。
 
また、実践中には、ずっと3食をメモしてきました。メモすることによって、これまでとっているつもりでとっていなかった食材などが明らかになり、このこともバストアップの成功にとても寄与したと思います。
記事が役に立ったら共有をお願いします!

コメントを残す