入浴時のヒートショック 原理や防止法

これからさらに寒くなってくると、身体を温めるお風呂は至福の時間です。
 
ただし入浴時にある条件が揃うと、脳卒中など深刻な症状の引き金にもなりうる「ヒートショック」を起こすこともあります。
 
ヒートショックを簡単に定義すると
 
「冷えた身体が入浴により急激に温められることで起きる血圧の異常」
 
ということになります。
 

つまり、脱衣所から入浴までは・・・

暖房のきいた部屋から寒い脱衣所・浴室へ移動(血管が収縮して血圧上昇)

熱いお湯につかる(熱いお湯の刺激でさらに血圧上昇)

湯温に身体が慣れてくる(身体が温まってくるので血管が拡張し、血圧急低下)

このように血圧が激しく上下することがあるのです。
 
これがヒートショックであり、血圧の急激な変化は心臓に負担をかけ、さらには血圧が上昇することで脳の血管が破れる、などのリスクも高くなってしまいます。
 
 
ヒートショックの対策には主に二つ考えられます。
 
まずは
 
◆脱衣所や浴室を温めること
 
です。
 
脱衣所や浴室の室温が20度以上あると、ヒートショックは非常に起きにくくなります。脱衣所であれば暖房器具を設置し、浴室はシャワーを利用して湯気を出し室温を上げるのも手です。
 
浴室用の暖房器具も発売されています。
 
 
対策のもう一つは
 
◆あまり熱いお湯に浸からない
 
ことです。
 
脱衣所との温度差を小さくするわけです。
 
冬になるとつい熱めのお湯に浸かりたくなりますが(私もそうです・・・)、湯温は高くても40度までが理想的です。
 
ヒートショックによるリスクは高血圧の人や高齢者ほど高まるので、該当する場合は注意が必要です。
 

コメントを残す